炎の一筆入魂BACK NUMBER

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/13 17:00

専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季はすでに29試合に登板しており、安定的にチームを支えている。広島の連覇には一岡の活躍は必須条件である!

好調になると……いつも怪我で泣かされたが。

 広島移籍後、一岡の前に立ちはだかったのは、ケガだった。順調な航路を描く度……ケガが一岡の行く手を阻んだのだった。

 二軍スタートとなった'16年春季キャンプも右腕の痛みが抜けず、チームを離れた。ともに二軍スタートだった同世代の今村、中田とともに「頑張って一軍に上がってやろう」と言葉をかけ合っていたばかりだった。2投手が一軍でアピールを続ける中、一岡は1人、治療に専念する日々を送った。

 診断結果は「右浅指屈筋損傷」だった。

 再断裂の危険性をはらみ、治療とリハビリには慎重を期す必要があった。しばらくはボールを握れず、ランニングメニューを消化する毎日。キャッチボールを再開しても、最初は筋肉への負担を考慮しゴムボールからスタートした。テニスボール、軟式球、硬式球へと段階を経て、次第に距離と強度は上がった。

 一軍復帰は6月。ブランクを感じさせぬ投球で27試合に登板し、防御率1.82と大瀬良とともに勝利の方程式を支えた。

 だが、完全復活ではなかった。

安静が大事な怪我だが、オフにも投げ込みを続ける。

「浅指屈筋損傷」は筋肉を使わないことが最善の治療法。だが一岡は同年オフも投げ続けた。

「オフにノースローの時期を作る人もいますが、僕は投げ続けないといけないタイプ。腕にとっては投げない方がいいのかもしれないですけど、投げておかないと(シーズンに)間に合わない。器用じゃないから忘れてしまうんですかね」

 リスクを背負い、薄氷を踏むように慎重に慎重を重ねながらシーズンに備えた。

 気づけば広島4年目。

 巨人に在籍した年数の倍のシーズンに入った。

【次ページ】 日常生活では右手を大事にして、とにかく使わない。

3/5ページ
関連キーワード
一岡竜司
又吉克樹
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
大竹寛
今村猛
中崎翔太
中田廉
大瀬良大地
九里亜蓮

ページトップ