畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介「100年後も社会で……」
本気で考える日本ラグビーの未来。

posted2017/07/13 07:00

 
畠山健介「100年後も社会で……」本気で考える日本ラグビーの未来。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

廣瀬氏とともに写真に収まる畠山。彼らラガーマンこそが、競技の魅力を伝える伝道師の役割を果たす。

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph by

Kensuke Hatakeyama

 2017年5月10日、京都迎賓館にてラグビーW杯2019日本大会の組み合わせ抽選会が行われた。日本はアイルランドとスコットランドと同組のプールAとなった。

 W杯の成功を多くの関係者、ファンが望んでいる。僕もグラウンドに立つプレイヤー、もしくはグラウンド外でラグビーを盛り上げるサポーターとして、どのような形になるかは分からないが、グラウンド内外、何らかの形でW杯の成功に尽力していきたいと思っている。

 ただ、ラグビー自体は2019年で終わりではない。その後も続く。僕たち“関係者”は100年後の2119年、日本ラグビーがどうなっているか? どうなって「いたいか?」も考えなくてはいけないと思っている。

 2019年W杯はラグビー界にとっての大義名分。「強化する」という目的で資金を集めることもできる。しかしW杯開催後、ラグビーから手を引いてしまうチーム、強化を止めてしまうチームが出てくるのではないかと危惧している。

ラグビーが社会にもたらす価値を発信しなければ。

 ラグビーは素晴らしいスポーツだが、どのようなメリットが社会や企業にあるかを発信、提示できないと、W杯後は厳しい時代がまた訪れてしまうかもしれない。

 社会や企業にとって、なぜラグビーが必要なのか? ラグビーが社会にもたらす価値とは何なのか? これらのビジョンをラグビー界は発信しなくてはならない。

 ラグビー界が今以上に多くの人に愛され、応援してもらい、興味・関心がない人たちに振り向いてもらうために、今以上に繁栄・発展するためには、2015年W杯での日本代表のような結果が求められる。そのためには、日本代表が強くなくてはいけない。

【次ページ】 プロ契約希望の大学生は減少傾向にあるという。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
畠山健介
廣瀬俊朗

ページトップ