ゴルフPRESSBACK NUMBER

野村敏京の辞書に「スランプ」は無い。
全米女子で樋口久子以来の優勝を。

posted2017/07/10 11:00

 
野村敏京の辞書に「スランプ」は無い。全米女子で樋口久子以来の優勝を。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

最近になってようやく専門的なトレーニングや食事管理などを始めたという野村。伸びしろはまだまだある。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 11歳でゴルフを始めた野村敏京は、テレビに映るタイガー・ウッズに魅せられた。

「なんでタイガー・ウッズみたいに打てないんだろう? 私って、下手だなあ」

 タイガーのスイングをビデオで何度も再生して見ては、毎日約5時間、近所の練習場でドライバーだけをとにかく振り続けた。

 ゴルフアカデミーなどに所属することもなく、いつもたった1人で練習した。誰かに強制された練習ではなかったので、全く疲れることなかったという。

 すでに中学生の時、ドライバーはキャリーだけで260ヤード飛ぶようになっていた。飛距離だけなら、いまどきの日本ツアーのトップ選手と同等である。当時から「プロになったら飛ばす方が絶対有利」だと考え、試行錯誤しながら良いスイングを追求した。

 自分で考えて自分のゴルフを追求すること――それが野村のゴルフの基礎である。

 7月9日現在、野村は世界ランク19位で、約1年以上も日本勢最高位を維持している。飛ばすことだけを考えていた中学時代とは違い、ゴルフは成熟した。「ショットの正確性、パッティング、メンタルコントロール」がプレーの強みだ。

スイングに迷いが無いので、不調そのものが無い。

「野村のスイングは非常に正確」と、野村のクラブを担当するヤマハのスタッフである梶山駿吾は言う。

 スイングの要所を本人が完全に把握してるため、ショットに迷いやプレッシャーがまったくない。迷いがなければ、当然、スイングが安定し、不調に陥ることが少ない。

 野村がスイングで気をつけていることといえば「ドライバーは思いっきり振ってまっすぐ飛ばすこと」と「ショットは方向性に気をつけること」という、極めてシンプルなことだけである。

【次ページ】 パットは高校になるまで練習したことがない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
野村敏京
タイガー・ウッズ
クリスティ・カー

ページトップ