ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ロシアW杯は安価で快適な予感が。
コンフェデでモスクワの人情に感動。

posted2017/07/06 11:00

 
ロシアW杯は安価で快適な予感が。コンフェデでモスクワの人情に感動。<Number Web> photograph by Getty Images

2018年ロシアW杯の大会マスコットであるオオカミの「ザビワカ」君。大会メインスタジアムはまだ建設中(拡大工事中)である。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 テヘランでふたつのワールドカップ予選、イラク対日本戦とイラン対ウズベキスタン戦を取材した後、ロシアではFIFAコンフェデレーションズカップのグループリーグ取材で来年のワールドカップ本大会で使われる予定の4会場(モスクワ、サンクトペテルブルク、カザン、ソチ)を回り、今はパリにいる。

 コンフェデ杯は2001年の日韓大会から6回連続の取材になるが、感じたのは開催国ロシアの本気度だった。

 大会の組織・運営が極めてスムーズなのに加え、ボランティアの対応も適切ですべてに過不足がない。

 5年前のEURO2012でのウクライナの経験から、旧社会主義国の官僚的かつサービス精神のかけらもない無味乾燥な対応――ホテルやレストランを含め――を少なからず予想していた身としては、ポジティブな肩透かしを食らった気分である。

物価が安く、食べ物もまずますだったコンフェデ。

 過剰なサービスもない代わりに、必要なものだけをさりげなく提供する――これまで三桁の国際大会を取材してきたが、ありそうでなかなかないことである。どんなに優れた運営を行っていても、普通はどこかにストレスを感じる。

 メディアセンターの食事も適正価格で味もまずまずだった。これはロシアの物価の安さによるところが大きい。

 同様にホテルや交通機関(鉄道、飛行機)の値段も日本より安く、来年の本大会では値上げが見込まれるとはいえ、前回のブラジルや前々回の南アフリカに比べると、ロシアワールドカップは経済的にずっと過ごしやすい大会になるだろう。

【次ページ】 ブラジル人、イラン人、そしてロシア人は親切!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ

ページトップ