スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

岩崎恭子、藤井四段、みうみま。
日本は「14歳」が好きすぎるのでは。

posted2017/07/03 11:00

 
岩崎恭子、藤井四段、みうみま。日本は「14歳」が好きすぎるのでは。<Number Web> photograph by AFLO

バルセロナ五輪で金メダルを取って一躍時の人となった岩崎恭子氏は20歳で引退し、海外留学を経て現在は再び表舞台で活躍している。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 取材で、エディー・ジョーンズさんはこう言い放った。

「日本人は『若い人』が好きなんです」

 エディーさんが、小学生のラグビー大会を見ていた時のことだ。ある記者が近寄って来てこう質問したという。

「誰か、小学生の中で、目についた選手はいますか?」

 エディーさんは驚き、呆れたという。

「小学生のレベルでも、足が速いといった素質を見ることは出来ますよ。でも、誰が将来のジャパンに選ばれるかなんて、私にだって分かりません。無駄な質問です」

岩崎恭子に浴びせられたブーイングの正体。

 日本のメディアは、今も昔も、なぜか「14歳」が好きだ。

 1992年のバルセロナ・オリンピック、14歳の岩崎恭子が金メダルを獲った。

「いままで生きてた中で、いちばん幸せです」

 中学2年生から名言も飛び出して、「恭子ちゃん」は一躍時の人となった。しかし、彼女にとってそれが幸せだったかどうか、分からない。

 そういえば、彼女に取材した時、

「SMAPのコンサートに行き、メンバーから『客席に岩崎恭子ちゃんが来てます』と紹介されると、ブーイングされてしまって」

と告白されたこともあった。

 あるカメラマンの証言によれば、昨年2016年の競泳の写真で、もっとも需要が高かったスイマーは池江璃花子だったという。

 金メダリストの萩野公介や、金藤理絵ではなく、池江。実力よりも、若さが好まれる。

 卓球の世界でも、平野美宇、伊藤美誠の報道量が石川佳純をしのぐようになった。

 そしていまは、張本智和(6月27日に14歳になったばかり)がダントツの注目度。

【次ページ】 「若さ」を消費する方向に向かっている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ
岩崎恭子
池江璃花子
ブライス・ハーパー
レブロン・ジェームズ
張本智和

ページトップ