F1ピットストップBACK NUMBER

F1王者“体当たり”は過失か故意か?
ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。

posted2017/07/01 08:00

 
F1王者“体当たり”は過失か故意か? ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。<Number Web> photograph by Getty Images

ここまでフェアな戦いを繰り広げてきた2人だが、アゼルバイジャンでの事件で一挙に険悪ムードに。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 事件は、6月25日のアゼルバイジャンGPの決勝レースで発生した。セーフティーカー走行中にトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)と2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2度も接触するという珍しい事故を起こしたのだ。

 それは、その周でセーフティーカーがピットロードへ向かい、レースが再開される直前のことだった。事実上の最終コーナーである16コーナーへ向かうひとつ手前、15コーナーを立ち上がろうとした瞬間、加速しないハミルトンにベッテルが軽く追突した。これが最初の接触である。

 レーサーにとって侮辱行為である「ブレーキテストをされた」と思い込んだベッテルは両手を上げて、ハミルトンへ抗議。その直後、2度目の接触が発生する。怒りが収まらないベッテルはハミルトンの横に並びかけた後、ハミルトンのマシンに軽く体当たりしたのだ。 

表彰台を逃した両者は、レース後に舌戦を開始。

 幸い2つの事故は低速で起きたものだったため、マシンに直接的な大きな損傷はなく、レースはそのまま再開された。しかし、ベッテルの体当たりは「危険な行為」だと判断したレース審議委員会はその後、10秒のストップ・アンド・ゴーのペナルティを科す。

 これにより、ベッテルは4位でフィニッシュ。一方ハミルトンもレース再開後にヘッドレストが外れるという不運なアクシデントに見舞われて緊急ピットを強いられ、5位に終わった。 

 レース後、2人の舌戦が始まった。 

「(再スタート直前の減速は)意図的にやったとは思っていないけど、正しい行為じゃない。僕だって、わざと追突したわけじゃないよ。だって、フロントウイングにダメージを受けたんだ。そんなリスクを冒すわけがない」(ベッテル) 

「いつもの再スタートと同じように、同じ場所でスピードを落とした。彼は寝ていたんだろう。それで僕のマシンに後ろからぶつかってきた」(ハミルトン) 

【次ページ】 先頭を走っていたハミルトンに非はなかった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル

ページトップ