沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

キタサンが勝てば賞金は歴代3位。
宝塚記念を凱旋門の景気づけに!

posted2017/06/24 08:00

 
キタサンが勝てば賞金は歴代3位。宝塚記念を凱旋門の景気づけに!<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

宝塚記念は少頭数になることが多いGIだが、今年も11頭。キタサンブラックにとっては極めて紛れの少ないレースになりそうだが……。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 GI5勝の現役最強馬キタサンブラック(牡5歳、父ブラックタイド、栗東・清水久詞厩舎)が、史上初の上半期GI3勝を狙って、第58回宝塚記念(6月25日、阪神芝内回り2200m、3歳以上GI)に出走する。

 キタサンブラックは、年明け初戦の大阪杯を、他馬がついてくることのできないロングスパートで完勝。次走の天皇賞・春では、ディープインパクトがつくった記録をコンマ9秒も短縮する3分12秒5というスーパーレコードで、後続に影も踏ませぬ強さを見せた。

 今回は、競走馬がもっとも力を発揮すると言われている叩き3戦目。この中間、アクシデントなどは皆無で、予定どおりに調教メニューをこなしてきた。前走の天皇賞・春で掛かり気味になる局面があったことを考えると、2200mのほうがレースをしやすい。内回りコースが脚質に合っていることも、大阪杯で証明済みだ。最大のライバル、サトノダイヤモンドは、秋のフランス遠征に備えるため早々に回避を表明した。

武豊は勝てば史上最多、最年少、最年長に。

 唯一不安点があるとしたら、激戦だった前走の疲れが残っていないかどうかだが、躍動感あふれる追い切りの動きと迫力ある馬体から、心配ないだろう。

 状態、条件、そして相手関係からも、キタサンに死角は見当たらない。史上9頭目となるJRA・GI6勝目を挙げる可能性は相当高い。

「初めてコンビを組んだ去年の大阪杯のころに比べ、本当に強くなった。すでに名馬と言っていい。ファンのみなさんを喜ばせたいですね」

 そう話した武豊は、勝てば自身の最多勝記録を更新する宝塚記念5勝目。また、1989年にイナリワンでつくった20歳2カ月28日という宝塚記念最年少優勝記録につづき、48歳3カ月11日という最年長優勝記録も樹立することになる。

 11頭という少頭数だから、自分に都合のいい流れをつくりやすい。引いたのは10番枠。もともとスタートは速いので心配ないが、あと入れの偶数枠だと、よりスムーズにゲートを出ることができる。

【次ページ】 一発狙うとしたら、「キタサンキラー」の……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
キタサンブラック
武豊

ページトップ