ル・マン24時間PRESSBACK NUMBER

「180/86400秒」を探ったTOYOTAに、
今年も微笑まなかったル・マンの女神。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2017/07/05 11:15

「180/86400秒」を探ったTOYOTAに、今年も微笑まなかったル・マンの女神。<Number Web> photograph by TOYOTA

異常な暑さの下、まさにデッドヒートの展開に。

 決勝スタート直後、トヨタは予選順位通り7号車、8号車が1、2番手に抜け出してレースの主導権を握った。ところが3番手に続いたポルシェ1号車は、先行する2台のトヨタを執拗に追いかけ続けた。その間隔は、何かあれば事態は容易に逆転してしまう。

 レースウィークを迎えたル・マン地方は晴天に恵まれた。連日、南の島を思わせるほどの日光が降り注ぎドライバーもマシンも高温にさらされた。肉体的にも機械的にも高い負荷がかかる過酷な状況の中、わずかなミスも許されない、まさにデッドヒートと呼ぶべき接戦が始まったのである。

 レース前、ル・マンの現場を訪れチームを激励した豊田章男社長は、現代のル・マン24時間レースを指して「全ラップ、(タイム)アタックで走りきるレース」と表現した。一般に、絶対的な速さを競うスプリントレースに対し、耐久レースは耐久性を競うレースと位置づけられ、1周をいかに速く走るかよりも、ペースを落としてでも安全率を高めレース全体をつつがなくまとめ上げることが戦略の要になる。

 特にル・マンのような1周200秒以上かかる長いコースを380周以上走ることになる24時間レースともなればレースの途中でどんな不測の事態が生じるかわからない。それに対処するためにはより安全率を十分に高めておく必要がある。

 しかし近年のル・マンではこうした耐久レースの常道は通用しなくなった。スタートしたら予選のタイムアタック同様のペースで走り始め、そのペースを24時間後のフィニッシュまで維持できたドライバーとマシンが勝ち、それができなかったドライバーとマシンは負ける。安全率、すなわち余裕があるならばその分を速さに転化しなければ、ライバルの前を走ることはできない。耐久レースとは名ばかり、24時間にわたるスプリントレースへと変質しつつあるのだ。

【次ページ】 トヨタの後ろで圧力をかけ続けていたポルシェ。

2/4ページ
関連キーワード
小林可夢偉
中嶋一貴
TOYOTA GAZOO Racing
ル・マン24時間耐久レース

ページトップ