プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカ大阪城フルタイム戦。
IWGPベルトに執着した60分の死闘。

posted2017/06/13 17:00

 
オカダ・カズチカ大阪城フルタイム戦。IWGPベルトに執着した60分の死闘。<Number Web> photograph by Essei Hara

1・4の時は46分間で勝利したオカダ。今回は60分間フルで引き分けた。因縁対決は再び持ち越された、と考えるべきだろう。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「60分かかる相手だと思ってなかったし、60分かけても倒せない相手がいるとは思ってなかった」

 オカダ・カズチカとケニー・オメガとの戦いは想像を超えて、長いものになった。

 6月11日、大阪城ホール。IWGPヘビー級選手権試合。

 再戦は予想以上に早くやってきた。1・4東京ドームでの46分余の激しい戦いは衝撃的なものであって、こういうプロレスが今、存在しているということを世間に示して、世界をも驚かせた。

 だが、正直2度目というのは難しい。

 1回目のインパクトが強すぎたから、互いに意識してしまう。意識しないと言ったらウソになる。事実、2人は「世界」を意識していた。

「前の試合を超えようとは思わない。勝つことにこだわった」とオカダは言うけれど、「世界」を意識した結果がフルタイム戦になってしまった。

「ケニーはしぶとかった。やばいヤツだった」

 IWGP戦での60分フルタイム戦は2005年3月の小島聡vs.中邑真輔戦以来12年ぶり、大阪城ホールでは、1986年9月16日のアントニオ猪木vs.ブルーザー・ブロディ戦以来30年ぶりということになる。

 集まった満員の1万1756人のファンはレアなものを見たことになる。

 オカダは試合が始まって間もなく左ヒザを気にし始めた。その後も何度かヒザを確認した。違和感があったのは間違いない。そこをオメガは見逃さなかった。

 足殺しがオカダを追い詰めていった。

 30分、40分と時間は経過していった。

「キツイ戦いだった。それよりも、ケニーの強さにもビックリしました。70分あれば勝てたのか、と言われたら分からない。自分でイメージができないくらい、ケニーはしぶとかった。やばいヤツだった」

【次ページ】 オメガ自身、最もIWGPに相応しいと考えている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
小島聡
中邑真輔
アントニオ猪木
ブルーザー・ブロディ
Cody
ダステイー・ローデス
新日本プロレス

ページトップ