サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ハリルジャパンよ、目は覚めたか?
今さら集中力と言いたくはないが……。

posted2017/06/08 11:25

 
ハリルジャパンよ、目は覚めたか?今さら集中力と言いたくはないが……。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ここ近年はサイドを主戦場としていた本田だが、シリア戦でのインサイドハーフ起用は新境地開拓への第一歩なのかもしれない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 6日後のイラク戦へ向けた警告、と受けとめるべきだろう。

 6月7日に行なわれたシリア戦である。

 東京スタジアムにやってきたアウェイチームは、公式戦さながらのテンションで挑んできた。マイボールの局面では攻撃に人数を割き、ディフェンスは徹底してタイトだった。選手の集散は素早く、それでいてデュエルに激しい。6月2日にオマーンとテストマッチを消化していたことで、コンビネーションや戦術的な練度をあらかじめ確認できていたのだろう。推進力のあるドリブルは、日本の守備を何度となく剥がした。

 ひるがえって日本は、3月以来の実戦である。欧州各国リーグを終えたばかりの海外組は、実戦から離れていた。心身ともに戦闘モードへシフトするきっかけとして、このシリア戦は位置づけられていた。

昌子、今野のテスト、そして序盤に香川が負傷。

 最終的に1-1のドローに終わった試合は、テストの要素も含んでいた。センターバックの一角を担った昌子源は、およそ1年ぶりの国際Aマッチ出場である。直前のJリーグで戦列に復帰したばかりの今野泰幸は、コンディションを急ピッチで上げている段階だ。

 手探りの部分があるうえに、前半開始早々にアクシデントに見舞われた。接触プレーで左肩を痛めた香川真司が、わずか10分で倉田秋と交代してしまうのだ。

 前半の日本は7本のシュートを記録しているが、ペナルティエリア内では2本しか打つことができていない。3トップ中央の大迫勇也が確実にボールを収めていた一方で、フリーランニングやスペースメイクの動きが少なく、攻撃の連動性や連続性に物足りなさが残ったからだった。

 それでも、後半は改善が見られた。イラク戦につながるプラス材料を、見つけることができた。

【次ページ】 乾の個の力は強烈だったがイラク戦の3トップは……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
本田圭佑
香川真司
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ