レアル・マドリーが史上初のCL連覇。彼らの何がそんなに強い?

集計グラフを見る

 レアル・マドリーとユベントスが激突した2016-17欧州チャンピオンズリーグ決勝は、4-1のスコアでレアル・マドリーによる史上初の連覇・・・続きを表示

●圧倒的な得点力のFW陣
●攻守に万能すぎる中盤
●黒子に徹するDF&GK陣
●ジダンの名監督ぶり
●結局ロナウドが凄い
●その他

1-10件を表示 / 全17

すべて| FW陣| 中盤| DF&GK陣| 監督| ロナウド| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • CL史上初の連覇を達成したわけですからどの項目も優れていると思いますが、あえて一つ上げるとすると監督になるのではないでしょうか。ジダンが監督になった時の困難な状況を考えればまさかのCL連覇、お見事の一言です。カゼミロのアンカー配置やCR7を点取り屋として特化した起用方法も優れていると思いますし、カリスマ性で選手をまとめ上げる人心掌握力もすばらしいです。バルセロナやアトレチコ、バイエルンなどが下降期に入った感じなので3連覇の可能性も十分にあるのではないでしょうか。

    Mr.Pさん2017/06/07 09:38に投稿

    1
    そう思う!
  • ロナウドが凄いのはわかりきってることなので。
    中盤の充実が凄いと思う。モドリッチ、クロース、カゼミロのユニットは世界最強であり史上最高でしょう。控えにイスコ、アセンシオ、コバチッチと能力がほとんど変わらない選手で若い選手もそろっており世代交代も上手くいっており、黄金期がこれから始まるんだろうなと思います。ただ来季から暫くリーガもセリエやブンデスみたいに1強時代になりそうな気がするんですよね。

    ファルコンさん2017/06/07 16:04に投稿

    1
    そう思う!
  • 「誰が」というか、「チームとして」の「勝者のメンタリティ」とか「実績に裏打ちされた経験値と自信」かなと思います。

    監督、選手個々の能力が素晴らしいのは言うまでもない。でもユベントスの選手が能力の点でレアルと月とすっぽんほど差があったようには思えません。
    大事なのは能力をいかにフルに発揮するのか、させるのか。その根拠になるものは何か。今のレアルというチーム全体に、控えまで含めて「ここでこうだったから」という経験、それに基づく選択肢と自信がびっしりと備わっているからこそ、大一番で最後まで崩れない。ユベントスも弱いチームならここまで来られないけど、国内だけでなく国際舞台での決勝という大一番に勝ったという経験値ではレアルにかなわなかった。
    そういう点で、目に見えない部分の差が試合結果としてこれだけの差になったのかなと思います。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/06/07 21:41に投稿

    1
    そう思う!
  • 中盤の選手に必要なボール奪取能力とボールを捌いていく能力を高い次元でバランスさせている。誰が、というよりチームとしてそれが出来ているので試合の最終盤でも崩れることなくゲームメーキングできる。中盤を大事にするスペインサッカーのリアリズムを具現化していて、本当に強いチームだと思う。

    ストリーマーさん2017/06/08 13:05に投稿

    1
    そう思う!
  • メンバー。層の厚さ。
    世界のトップレベルのビッグクラブは5つある、というのが私の認識なのだが、それはレアルマドリー、バルセロナ、バイエルンミュンヘン、ユベントス、パリサンジェルマンの5つだ。
    確かにこの5つのクラブ、どのチームも出場している選手を見るとビッグネームばかりだ。ばかりなのだが、控えについてはどうだろうか。
    バルサを例にとってみると、正直な話、控えまでビッグネーム揃いかと言われればそうではない、と私は思う。本職の右サイドバックは1人だけ、中盤でも、アンドレゴメスがワールドクラスだと言えるだろうか。パコアルカセルはスアレスに匹敵するのか。これはレアルを除く他のチームにも言えるのではないだろうか。その点レアルの控えはというとぺぺ、ハメス、イスコ、ベイル、モラタとワールドクラスである。ローテーションがワールドクラスクオリティで回せる。これが他のクラブにはない最大のアドバンテージだ。

    Mitsuunさん2017/06/09 12:40に投稿

    1
    そう思う!
  • やっぱりクリロナとジダンと言いたいが・・・
    一つだけと言われれば「監督」でしょう。

    ジダン以外でロナウドを(結果的に)抑え込める監督をあげるとすればファーガソンぐらいしか考えられないのでは?

    良くも悪くもやっぱりロナウドなんですよ・・・レアルは。

    それをコントロールできたジダンが凄い!

    ShinzoHiltonさん2017/06/10 04:55に投稿

    1
    そう思う!
  • ジダンの監督就任により、規律がチームの隅々にまで行き渡ったことがマドリの強さの根源であると思う。CRやベイルまで最終ラインにまで戻り、守備をする。虚栄心の固まりのような2人が、自己の欲望を捨て去る。自己犠牲ではなく、ジダンがそこにいるので、戻らざるを得ないのだ。個人のエゴなど、チームに入る余地もないほどの圧倒的な存在感。ジダンこそがマドリの戦術なのだ。ジダンは多くを語らない。哲学者のような思慮深さを感じる。相手を挑発するような下劣な態度は取らない。アルジェリア系難民として、幾多の辛酸を嘗め、砂を噛むような日常を送った日々もきっとあっただろう。そのような経験が試合に出れない選手に対する配慮にも表れ、不満を漏らす者はいない。レアル史上、最高の選手であり、稀有の人格者が監督になったのだから、レアルが負ける理由は見つからない。最高の監督と極上の選手たち。マドリの栄光は当分続く。

    KOKEさん2017/06/10 20:15に投稿

    1
    そう思う!
  • 極端な言い方をすれば、『炭酸の抜けたコーラは美味しくないが、空けたての炭酸が強いコーラは別格に美味しいの同じ。』と表現していいほど、ロナウドがいるかいないかでチームの強さが違う。そういうわけで、今のレアルの強さを彼抜きでは語れないっしょ。

    わっきーさん2017/06/07 09:31に投稿

    0
    そう思う!
  • やはりバランスです。
    DFラモス、MFクロース、モドリッチ、カミセロ、FWロナウドのチームとしてのせ背骨が超強力。背骨に連動する選手もレアル以外では超スーパースター級が普通に手足となって連動している。

    ゲルマンさん2017/06/07 11:51に投稿

    0
    そう思う!
  • モドリッチが好きなので。
    日本に呼べないかな、マジで。

    連覇の原動力となると、やはりジダンかな。

    アサイーストロベリーさん2017/06/07 14:03に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ