JリーグPRESSBACK NUMBER

J1最下位の崖っぷちでも“攻めろ”。
大宮残留は伊藤彰新監督に託した!

posted2017/06/07 11:00

 
J1最下位の崖っぷちでも“攻めろ”。大宮残留は伊藤彰新監督に託した!<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

大宮はこれまで何度も終盤戦で勝ち点を積み上げ、J1残留を成し遂げた実績がある。伊藤監督は攻めることでその再現を狙う。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 J1残留のミッションを託されたのは、とっておきの人材である。

 大宮アルディージャの伊藤彰新監督だ。ジュビロ磐田の名波浩監督、鹿島アントラーズの大岩剛監督と同学年の1972年生まれである。

 現役時代の伊藤監督は、独特な感性を持つ攻撃的MFとして知られた。埼玉の強豪として知られていた武南高校から国士舘大学へ進み、全国から選りすぐりの人材が集まるチームで1年生から公式戦に出場していった。

 大学のレギュラークラスはほとんどJリーガーとなったが、伊藤は社員選手として富士通でプレーする。チーム名が川崎フロンターレとなっても立場を変えることはなく、1999年にはプロ契約の選手に混じってフロンターレのJ1昇格に貢献した。

アルディージャの元選手が指揮官を務めるのは史上初。

 トリッキーなプレースタイルで決定的な仕事をするアタッカーは、2002年の大宮アルディージャ移籍後にプロフェッショナルとなり、サガン鳥栖と徳島ヴォルティスでもプレーした。J1リーグでプレーしたのは1シーズンのみだったが、J2やJFLを含めると400試合を超える公式戦に出場した。'95年から'06年まで実働12年のキャリアで、所属したチームに確かな足跡を残している。

 引退後は古巣であり地元でもあるアルディージャの育成組織で、指導者として実績を積み上げていく。ジュニアユースとユースの監督を務めた'11年から'15年の間に、全国大会で3度のファイナル進出を果たした。

 2016年からはトップチームのコーチとなり、迎えた2シーズン目にチームの最前線に立つ。シーズン開幕からJ2降格ゾーンに沈む成績不振を受けて、5月28日に渋谷洋樹監督が解任される。アルディージャとして17人目となる指揮官に、伊藤が指名されたのだった。かつての選手が監督を務めるのは、クラブ史上初めてのこととなる。

【次ページ】 21試合で勝ち点「29」を積み上げる必要がある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大宮アルディージャ
伊藤彰
長谷川アーリアジャスール
瀬川祐輔
渋谷洋樹

ページトップ