Bリーグの1年目、スタートダッシュは成功or失敗?

集計グラフを見る

 プロ野球、Jリーグに次ぐ「第3のメジャースポーツ」になることを目指して発足したバスケットボールのBリーグ。初代の年間王者に輝いたのは、・・・続きを表示

●成功
●失敗

1-14件を表示 / 全14

すべて| 成功| 失敗|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 大成功じゃないですか。

    「リーグを一つにした」ということだけで。

    何年も何年もグダグダグダグダグダグダグダグダし続けて、ついにはFIBAに三行半を突きつけられても何もできないバスケ界です。まともになったということだけでも万歳三唱ですよ。


    ええ、皮肉です。


    本当に成功になるかは経営が安定してプロとしてやっていけるかどうか、そうなれば少なくとも(プロ化と言い続けて何年もグダグダ状態の)バレーは超えたと言える。

    まあ、Jリーグみたいにいきなり大ブームになって、どん底で苦しむよりは、知名度を上げつつ地道にブースターの熟成を図るのが急がば回れというところですかね。

    BCDさん2017/06/05 23:39に投稿

    2
    そう思う!
  • Jリーグほどの初速ではないものの、第3のメジャースポーツの地位獲得に向けて、好スタートを切れたと思う。
    ただ、B1からB3までいきなりチーム数を拡大してしまい、運営基盤が脆弱なチームが多数締めているのは、非常に危機的な状況ではないだろうか。リーグの成長に零細チームが付いてこられず、破綻に追い込まれるようになれば、Bリーグ自体のブランド毀損やそもそもの存在意義への疑問符となりかねない。そうならないために、各チームともにしっかりと足元を固め、無理のないチーム運営を行う必要がある。

    やぁ〜!さん2017/05/31 16:57に投稿

    1
    そう思う!
  • 昨シーズンまでの事を考えると知名度やメディアへの露出も大幅に上がり初年度は成功だったと思います。
    しかし、世間から見たらまだまだ知名度やメディアへの露出は少ない方だと思うので成功か失敗か判断するのは2年目のシーズンが大切だと思います。

    たけひろさん2017/05/31 08:13に投稿

    0
    そう思う!
  • どのスポーツも同じだと思うのですが、一番大切な事はスタジアムがいっぱいになる事。
    一年目なのにお客さんはいっぱいだったので、それが何より。
    Jリーグも見習わないと。

    アサイーストロベリーさん2017/05/31 13:05に投稿

    0
    そう思う!
  • 大成功! じゃないですか?

    NBAファイナルの結果ぐらいは気にするけど…という程度の自分が、お金を払って地元チームのB3の試合(3部ですよ!)を、市民体育館に見に行きましたから。

    野球やサッカーに比べバスケットは試合時間が短いし、3部なのに「チケット高っ!」とびっくりしましたけど、1部に上がってこの近所の垢抜けない市民体育館に田臥くん来たらまた見にきたいなぁと思いました。

    という個人的な事情も去ることながら、ファイナルは純粋にエンターテイメントとしてよかったのではないですか。組み合わせの妙、期待以上の好試合の連続。そしてもっともプロらしい栃木の優勝。出来すぎなくらいだと思います。

    もっとごーさん2017/06/01 20:10に投稿

    0
    そう思う!
  • 成功。開幕戦やファイナルの地上波放送(視聴率の数字はおいといて)をはじめ、ファッション誌とのタイアップムックの販売、SNSを活用したリーグ全体・各チームのプロモーションなど様々な手法を駆使した各メディアへの露出も多かった事に加え、年間総入場者数226万2409人、昨季の両リーグの前年比143%の増加という数字が示すように一目瞭然ではないでしょうか。数字以外にも、毎週のようにスポーツバーに訪れる観戦者や、各地でのパブリックビューイングの盛り上がりなどを見る限り、Jリーグと同じように掲げている「地域密着」という観点からみても、Bリーグ元年としてのスタートダッシュには合格点をあげられると思います。

    ズマーさん2017/06/02 02:03に投稿

    0
    そう思う!
  • 一般層への認知度が上がったのは事実、特に旧企業系で「この地域にチームがある」ことを知らしめた影響は大きい。
    反面、B2の首都圏やメディアの弱い地域での集客は伸び悩んでいるところが伸びしろか

    それと、ブースター自体の成長が足りていない。
    それは旧bjやNBLからやってるブースターが演出についていけてないのではないかと思われるし、チーム側も引っ張っていく気持ちが足りていない。
    秋田、京都などはブースター側も目が肥えていて、いいプレーにはコールがすぐ出るし、演出にもアウェーへのおもてなし感も素晴らしいものがあるが、千葉、横浜などは近視眼的な目線が多く見受けられてる。
    観客動員だけでは測れない、実際の盛り上がり感が千葉、横浜からは感じなかった。

    今、動員が伸び悩んでいる東京Zや福岡、大阪などの会場が盛り上がりを見せるようになったら完全な成功と言えるのでは?

    izumitさん2017/06/02 08:01に投稿

    0
    そう思う!
  • リーグのスタートダッシュは大成功だと思う。
    これから継続拡大していくにはとにかく専用スタジアムが数多く出来ること。
    キャパの問題はもちろんだけど、”体育館”で仮設の観覧席を作って、バレーボールやバトミントンのラインを隠してプレーするのはかなり貧乏くさいと思う。

    kaidoさん2017/06/02 14:55に投稿

    0
    そう思う!
  • ちょっと前までは対立していた競技ですから。見に行きたい。と思うようになりましたし。

    たけまろさん2017/06/02 19:19に投稿

    0
    そう思う!
  •  少子、高齢、人口減の狭い日本で、第3のメジャースポーツに育てるのは大変だろうと想像します。富裕層のユニクロ社長やソフトバンク社長、マルハン社長等を巻き込んで、フランチャイズを整備して、競技人口の底辺を支える小中学生に指示されるスタープレーヤーを育て、併せてマスコミやネットと組んで魅力的なコンテンツを発信し、プロスポーツの一角を占めてほしいですね。

    手許 不如意さん2017/06/04 18:54に投稿

    0
    そう思う!
  • 敢えて問いたい。以前に比べていいところばかりが目に付く、報道され注目を集めているが、本当にそれだけなのですか?と。

    いいところが報道されるのは当たり前です。それさえ報道されなければただの失敗どころか大失敗です。
    プロチームとしてやっていくということは、スポンサーがいるにしてもそれなりの採算性、安定した運営が図られる体制が整っていなければなりません。同じエリア・都道府県に複数のB1のチームがいたり、いきなり3部までプロチームであったり(3部は混成ですが)。母体の問題、プロスポーツチームのないエリアでの「おらがチーム」のプロスポーツ文化の醸成といった点はもちろん評価すべきことですが、Jリーグですらプロの2部ができたのは発足7年目。
    これから会計発表がなされてくると思いますが、第3のプロスポーツを目指すからこそ、経営や選手のその後についても注目や報道がされ、一層の発展を期待したいです。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/06/04 20:15に投稿

    0
    そう思う!
  • 認知度が向上したから。
    選手と女優の熱愛報道があった時に、去年までなら「女優が『ある』バスケット選手と熱愛」だったはずが「女優が『あの』バスケット選手と熱愛」となっていた。Bリーグ選手の報道価値が上がったからだと思う。

    いちろうさん2017/06/05 10:27に投稿

    0
    そう思う!
  • Jリーグやプロ野球がいま見失つているものがBリーグにはあったと思います。ネット配信や各放送局(BSデジタル・CS・地上波)での露出は現在のJリーグよりもありますし、競技力の向上もこれからです。
    地域分けには関してはB1の18チームを3地区から2地区にして毎試合交流戦があるようにしたり、入れ替え戦に関しても自動降格1チームのみ、そしてCSは決勝含めすべて3試合制に。
    あとは関西のチームにもう少し成績面・動員面含めて奮起して欲しいです、特に京都ハンナリーズにはチェアマンにダメ出しされているうちが華というのを自覚してもらいたい。

    たくましくさん2017/06/07 15:20に投稿

    0
    そう思う!
  • Jリーグの時のような爆発的な経済状況でもなく、マイナスからのスタートだった事を考えれば今季は大成功に近い。あとは若い選手がどういう演出で入団し、東京五輪に向けて育って盛り上げていくか。

    わっきーさん2017/06/07 15:57に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ