プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

獣神サンダー・ライガー28年目の決断。
引退覚悟! スーパーJr.との別れ。

posted2017/05/31 11:00

 
獣神サンダー・ライガー28年目の決断。引退覚悟! スーパーJr.との別れ。<Number Web> photograph by Essei Hara

負け続ける獣神サンダー・ライガー。その小さな身体にヘビー級をも越える破壊力を宿した“怒りの獣神”として、再び降臨できるか……。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 勝てないライガーがいる。

 1つも勝てない獣神サンダー・ライガーがいる。

 新日本プロレスはジュニアヘビー級のリーグ戦「BEST OF THE SUPER Jr.24」を開催中だが、ライガーが勝てない。6戦を戦って6敗なのだ。

 獣神サンダー・ライガーが、獣神ライガーとして誕生したのは、新日本プロレス初の東京ドーム大会でのことだった。

 それは1989年の4月24日だったから、そこから数えるとライガーは「28歳」ということになるのかもしれない。

 マンガ『スープレックス山田くん』(作画・国友やすゆき 監修・古舘伊知郎 1985年 光文社)のモデル山田恵一は、1989年春「山田は死んだ。リヴァプールの風になった」(ライガー談)ということだ。

 当時、船木優治(誠勝)とイギリスのプロモーションでともに戦っていた山田(フジ・ヤマダ)は、上背はなかったが、筋肉も盛り上がったたくましい体になっていた。

 掌底攻撃や浴びせ蹴りを武器にマーク・ロコ(ブラックタイガー)らと勝負していた。だが、山田は突然、消えた。

 そして、獣神ライガーが誕生するわけだが、こういうマンガ、アニメのキャラクターが同じ中身でこんなに長く戦うケースはレアだ。

ライガーに2代目は存在しない。

 佐山サトル以来、タイガーマスクになった男が何人いたかを考えれば、ライガーのすごさがわかるというものだ。

 ライガーが山田以外だったら、それはライガーではない。ライガーに「2代目」は存在しない。

 ライガーの28年間の戦いはジュニアヘビーのカテゴリーだけにとどまらなかった。

 格闘技戦もヘビー級へのチャレンジも自分がプロレスラーであり続けるための試練だった。橋本真也や武藤敬司とも真っ向勝負に出た。

 あのベテランの星野勘太郎にも、リング上で差し違える覚悟でケンカを仕掛けたことがある。そんなプロレスラーの負けん気と意地をライガーは持っていた。

【次ページ】 ライガーは団体の垣根を超え、プロレス界に貢献した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
獣神サンダー・ライガー
新日本プロレス
山田恵一
佐山サトル
タイガーマスク
橋本真也
武藤敬司
星野勘太郎
高橋ヒロム

ページトップ