JリーグPRESSBACK NUMBER

普通に戦えば「アジアのバルサ」。
川崎のACL8強、8戦無敗の必然性。

posted2017/05/31 16:00

 
普通に戦えば「アジアのバルサ」。川崎のACL8強、8戦無敗の必然性。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ムアントン戦で2試合7ゴール。今季から指揮を執る鬼木監督のもと、これぞフロンターレという攻撃姿勢が実った。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 5月30日に等々力競技場で行われたACLラウンド16の第2戦。

 川崎フロンターレは、タイのムアントン・ユナイテッドに4-1で大勝。第1戦との合計スコアを7-2として、堂々の準々決勝進出を果たしている。

 第1戦を3-1で勝利したことで2点のアドバンテージがあったとはいえ、簡単な試合になると考えている選手は皆無だった。例えば、ガンバ大阪時代にACLを経験している阿部浩之は、試合前にこう警戒している。

「2点差があるのでゲーム運びは楽になるが、油断をしてはいけない。気をつけたいのは試合の入り。前半や、立ち上がりに失点しないことだけは特に気をつけたい」

 相手のムアントンからすると、アウェイゴールの関係で、2-0での勝利では勝ち上がれない状態だった。つまり、この第2戦では少なくとも3点を取ることが条件である。川崎としては、立ち上がりからアグレッシブに来る相手の攻め気を、どう逆手にとって試合を運んでいくのか。そこがゲームのポイントと言えた。

キックオフの時点で「大丈夫だな」と勝利を確信。

 ところが、である。

 キックオフの笛が鳴ると、川崎側の予想に反して、ムアントンが自陣に潔く構えてブロックを形成し始める。引いてカウンター狙いという意思表示をしたのである。

「相手が前からボールを奪いに来るのをいなして点を取ろうと思っていたが、まさか引いてくるとは思っていなかった」と苦笑いしたのは中村憲剛だ。「意表を突かれた」というよりは、「拍子抜けした」というのが正直なところかもしれない。

 ただ相手の出方に応じて、試合運びを柔軟に変えられるのが今の川崎の強みでもある。「あの時点で大丈夫だなと思った」と振り返ったのは阿部だ。

「相手はカウンターしか狙っていない。だから、変なボールの取られ方をしなかったり、相手よりも切り替えが遅くなければ問題ないと思った。ボールも持てていたし、危なげない試合だったと思う」

 ムアントンの奇襲はなく、川崎がボールを保持し、ゲームをコントロールしながら時計の針を進めていくという展開となった。

【次ページ】 憲剛のポジショニングはまるで「マテウスみたい」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
川崎フロンターレ
中村憲剛
車屋紳太郎
アジアチャンピオンズリーグ

ページトップ