Number ExBACK NUMBER

池添謙一、レーヌミノルとオークスへ。
オルフェとカツ丼の大事な思い出。

posted2017/05/19 07:00

 
池添謙一、レーヌミノルとオークスへ。オルフェとカツ丼の大事な思い出。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

雨が降り注ぐ悪天候を物ともせず、2冠を決めた2011年の日本ダービー。池添騎手だけでなく、池江泰寿調教師にとってもダービー初制覇となった。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 5月21日、3歳牝馬のナンバーワンを決めるGI「オークス」が開催される。

 注目は、桜花賞で圧倒的1番人気におされた“怪物の娘”ソウルスターリングを破り、2冠を目指すレーヌミノルだ。手綱を取る池添謙一騎手は昨年のシンハライトに続き、オークス連覇がかかっている。

 桜花賞は大舞台に強い池添騎手の思い切った騎乗が功を奏したレースだった。レーヌミノルは逃げた前々走、早めの仕掛けで2着に終わった前走とは違い、好位で折り合い、ラスト2ハロンで追いだされると一気に加速。迫るソウルスターリングを振り切って先頭でゴールした。勝負所を完全に把握しているかの仕掛けで、見事最初のクラシックを制し、昨年シンハライトでハナ差2着に敗れた雪辱を果たした。

騎手人生のなかで特別に緊張したレースとは?

 池添騎手と言えば、現役5位のGI23勝(JRA)、「GIハンター」の異名を持つほど、大舞台で力を発揮するタイプのジョッキーだ。だが、意外にも「小さい頃から目立ちたがり屋だったけど、人一倍緊張するタイプだった」という。

 そんな池添が、今までの騎手人生のなかでも、特別に「メッチャ緊張した」と明かすのが、オルフェーヴルで挑んだ、2011年の日本ダービーである。皐月賞を圧勝したオルフェーヴルはダービーでも1番人気が確実。池添は、皐月賞が終わった直後からずっとプレッシャーにさらされてきたという。

「ずっとあこがれてきた舞台で、しかもその1番人気が確実な馬ですからね。皐月賞のあとは頭のなかはずっとダービーばかりでした」

 あれほどの緊張はなかったという池添だったが、本番ではしっかりと人気にこたえ、優勝。

 ついに「ダービージョッキー」となった。

【次ページ】 毎年、自分がGIで勝った馬を北海道へ見に行っている。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
池添謙一
レーヌミノル
オルフェーヴル
オークス
日本ダービー

ページトップ