Number ExBACK NUMBER

池添謙一、レーヌミノルとオークスへ。
オルフェとカツ丼の大事な思い出。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/05/19 07:00

池添謙一、レーヌミノルとオークスへ。オルフェとカツ丼の大事な思い出。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

雨が降り注ぐ悪天候を物ともせず、2冠を決めた2011年の日本ダービー。池添騎手だけでなく、池江泰寿調教師にとってもダービー初制覇となった。

毎年、自分がGIで勝った馬を北海道へ見に行っている。

「オルフェには本当にいい経験をさせてもらいました。3冠がかかった菊花賞はダービー以上のとてつもないプレッシャーだったし、2着に負けた阪神大賞典の時は、本当に騎手をやめようかと思った。もうGIなどの大レースに乗るのはやめて、細々とやろうかとも思いました」

 だが、池添はオルフェに乗り続けることで、そのプレッシャーを克服、一歩一歩確かな成長を遂げて行った。

「この間、北海道にオルフェを見に行ってきたんです。毎年、自分が乗ってGIを勝たせてもらった馬を見に行っているんですが、元気そうでした。シンハライトやショウナンパンドラ、カレンチャンも見てきました。今年はオルフェの子供たちもデビューしますし、彼の仔に乗ってまた活躍したいですね」

「毎週カツ丼になるから正直大変で(笑)」

 池添には、GIレースに乗る前の日に欠かさないことがある。

「ゲンを担ぐというか、GIの前の晩はカツ丼と決めているんです。オルフェでダービーを勝った時もカツ丼でした。でも、GIが続く春や秋の開催は、毎週カツ丼になるから正直大変で(笑)。去年、もうやめようと思ったんですけど、シンハライトでオークスを勝てたので、やっぱりやめないでおこうと(笑)」

 今年のオークスもまた、レーヌミノルとカツ丼で、勝ちにいく。

Number927号「ダービージョッキー最強伝説」では、池添騎手ほか現役ダービージョッキー8人が全員登場。ダービージョッキーだけが知るダービー勝利の余韻、勝つための秘訣とは? 本誌掲載の記事「ダービージョッキーストーリーズ」でお確かめください。
ダービージョッキー最強伝説。

Sports Graphic Number 927

ダービージョッキー最強伝説。

【ダービージョッキー勢揃い】
武豊×M・デムーロ「やっぱりダービーは格別だ」
四位洋文&ウオッカ
池添謙一&オルフェーヴル
川田将雅&マカヒキ
【今年の主役】 松山弘平&アルアイン/C・ルメール/福永祐一

定価:(本体546円+税)目次ページへ

関連コラム

<< BACK 1 2 NEXT >>
2/2ページ
関連キーワード
池添謙一
レーヌミノル
オルフェーヴル
オークス
日本ダービー

ページトップ