“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/05/18 17:00

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。<Number Web> photograph by Takahito Ando

ホンジュラス戦の試合後、「横浜F・マリノスの代表として恥ずかしくないようなプレーをしようと常に心掛けています」とコメントした遠藤。

堂安律や三好康児との違いを見出し、スタメンを!

「このチームを見ても、僕に似たタイプのサイドハーフはいないと思う。僕は(堂安)律や(三好)康児くんの様にスルーパスやラストパスを出すような選手ではない。なので、僕は試合を決められるサイドハーフでありたいし、そういう選手だと思っている。

 カットできるかフィフティーフィフティーのボールでも、海外の選手は足を伸ばしてスライディングしてくる。一か八かで来るので、そこでつま先などで先に触ってしまえば、相手を一気にドリブルで置き去りにできる。今日もそういう場面を何回か作り出せたので、長いリーチの相手にも戦える術は身につけて来たと思います」

 いま、自分のプレーへの手応えはある。あとはスタメンで試合に出ることが目標だ。

「もちろん最初からスーパーサブになろうなんて思っていないですし、自分ができるプレーを90分間で100%出し切りたいですね」

 俺は単なるスーパーサブでは無い。個で世界をこじ開けられる可能性を持った男だ――。

 彼は韓国の地で高らかに宣言をするつもりだ。

「左サイドだろうが、右サイドだろうが、サイドでボールを持ったら、自分はすべての局面を打開できる力を持っている。スタメンから90分間、ドリブルが通用する選手に、俺はなる」と――。

関連コラム

<< BACK 2 3 4 NEXT >>
4/4ページ
関連キーワード
遠藤渓太
岩崎悠人
中村俊輔
堂安律
三好康児
横浜F・マリノス

ページトップ