Number ExBACK NUMBER

キタサンブラックが継承する
無敗ダービー馬ミホノブルボンの伝説。

posted2017/05/18 12:50

 
キタサンブラックが継承する無敗ダービー馬ミホノブルボンの伝説。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

ディープインパクトのレコードを破ってのキタサンブラック連覇となった天皇賞・春。武は自らが作ったレコードをさらに更新する形に。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

武豊 キタサンブラックは時々、坂路を3本。

デムーロ 3本! すごいね。

――昔、ミホノブルボンが坂路を4本やってましたね。

武豊  でも、当時は今より(坂路の距離が)短かったから。今3本やっているのはキタサンブラックだけじゃないかな。

デムーロ ワォ~!

 Number927号「日本ダービー特集」で実現した武豊とM・デムーロのダービージョッキー対談。天皇賞(春)の二日後に行われたこともあり、話題は連覇を達成したキタサンブラックの強さの「秘密」に及んだ。そこで、主戦ジョッキーの武豊が強調したのが、今年緒戦の大阪杯(GI)に向けて、清水久詞調教師がキタサンに課した「坂路3本」のハードトレーニングについてである。1日2本乗るのでさえ、滅多に聞こえなくなった現代において、この回数は驚異的であるという。

 ハードに鍛えて強くなったと聞くと、オールドファンには、どうしても思い出さずにはいられない馬がいるだろう。故・戸山為夫調教師の最高傑作「第59回日本ダービー馬」ミホノブルボンだ。

ダービーの焦点は無敗の2冠馬という興味に絞られた。

 ちょうど25年前、1992年の日本ダービーは今年の混戦模様とは違い、「1強によるダービー」だった。

 皐月賞を見事な逃走劇で圧勝したミホノブルボンが、前年のトウカイテイオーと同じく無敗の2冠馬となるのか――。ファンの興味は一点に絞られた。

 短距離向きの血統であることに加え、逃げ馬には不利な15番枠からの発走。不安要素はあるにはあったが、いざスタートすると、ミホノブルボンは周囲の心配をあざ笑うかのように先頭に立ち、他馬に影をも踏ませぬ逃走劇で、2着のライスシャワーに4馬身差をつける圧勝だった。ラジオ実況アナウンサーが「これは強い、とてつもない強さ!」と叫んだほどで、今から考えると単勝が2.3倍もついたのに驚くほどだ(ちなみに前年のトウカイテイオーは単勝1.6倍だった)。

【次ページ】 最強馬の凄さは「坂路1日4本」「カイバ9升」にも。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ミホノブルボン
武豊
ミルコ・デムーロ
戸山為夫
トウカイテイオー
ディープインパクト
清水久詞
日本ダービー
日本ダービー

ページトップ