バレーボールPRESSBACK NUMBER

成徳仕込みの体幹と即興の修正力。
黒後愛は木村沙織と違う道を行く。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKiyoshi Sakamoto

posted2017/05/17 11:30

5月2日に行われた黒鷲旗の上尾戦で公式戦デビューした黒後愛。同大会では18歳らしからぬ存在感を見せた。

5月2日に行われた黒鷲旗の上尾戦で公式戦デビューした黒後愛。同大会では18歳らしからぬ存在感を見せた。

「愛が決めたら盛り上がるし、ムードを引き寄せる」

 高さとパワー、といった安易なものではなく、修正力の高さといくつも秘める可能性。東レの菅野幸一郎監督は試合後、名指しで黒後の活躍を称えた。

「非常に能力が高い選手で、守りも攻撃も、どちらも想像以上の活躍をしてくれた。間違いなくこれからの日本を引っ張る選手になるはずです」

 もちろん課題がないわけではない。黒後も「これからもっと活躍できる選手になるためにはディグ力も上げなければダメだと思った」と言うように、ディグのみならず、ミドルがライトに回り込むスピードのある攻撃に対するブロックを含め、ディフェンス面は大いに改善の余地がある。

 だがそれも、黒鷲旗という短期間で試合を重ねるごとに進化を遂げたように、これからさまざまな経験を重ねる中で克服され、より逞しさを増した選手として成長を遂げていくのではないか。周囲にそんな期待を抱かせる理由を、黒鷲旗ではチームメイトとしてプレーした迫田はこう見る。

「1本決めた後の顔や、ガッツポーズ。どんな状況でも、愛が決めたら盛り上がるし、ムードを引き寄せるエネルギーがある。技術は素晴らしいし、スター性もある。もっともっと、伸びる選手だと思います」

ポスト木村ではなく、黒後愛。

 高校からVリーグへと活躍の場を変え、5月半ばにスタートする今季の日本代表候補選手にも名を連ね、これからはより高いレベル、世界での活躍にも期待がかかる。

 ポジションや、出身校、共通項の多さから「ポスト木村」と言われることも少なくないが、日本人離れした破格のパワーと抜群の修正能力。それは黒後が持つ武器であり、安易に木村と比較できるものではない。

「サーブレシーブでボールにたくさん触ることで調子が上がった部分もあるけれど、今回はバックアタックがほとんど打てなかったので、もっと後ろでも点が取れる選手にならないと。いつかは自分も、沙織さんのように『自分がオリンピックに連れて行くんだ』という気持ちを前面に出せるような選手になりたいです」

「ポスト木村」ではなく「黒後愛」という新たなエース候補がどんな進化を遂げるのか。その楽しみが味わえるのは、これからだ。

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!

日本人初の100m走9秒台、特に誰を応援している?
BACK 1 2 3 4
4/4ページ

ページトップ