プロ野球PRESSBACK NUMBER

平凡な選手が指導者になった時……。
西武・星孝典が目指す“コーチの星”。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2017/05/16 07:00

昨秋の西武新コーチ就任会見より。左端が星孝典、他にも西口文也(二軍投手コーチ)、馬場敏史(内野守備・走塁コーチ)、野田浩輔(二軍バッテリーコーチ)、工藤建太(二軍トレーニングコーチ)らが並んだ。

昨秋の西武新コーチ就任会見より。左端が星孝典、他にも西口文也(二軍投手コーチ)、馬場敏史(内野守備・走塁コーチ)、野田浩輔(二軍バッテリーコーチ)、工藤建太(二軍トレーニングコーチ)らが並んだ。

「入団したときのちゃぶ台、まだ家にあるんですよ」

 難しい。

 まだまだです。

 そんな言葉を何度も繰り返した。ありのままの現状を話してくれる姿が、星がコーチ業と真剣に向き合って奮闘していることを物語っていた。

 巨人にいたころ、必死に一軍を目指し練習していたとき、親身になって手を差し伸べてくれた野村克則コーチ(現ヤクルト)のようになりたいと語った。

 華やかなスタジアムの照明に照らされ、その一挙手一投足が歓声を浴びるのは、球団という組織の中ではほんの一握りの人だけだ。しかし、その周辺には、チームが戦い、勝つために、違う立場で、選手と同じように奔走している人たちが大勢いる。

 星を含めた彼らの仕事は決して目立つことはないが、チームにとってはなくてはならない存在なのである。

 最後に星が言った。

「入団したときにひっくり返したちゃぶ台、まだ家にあるんですよ。大学の職員の方に譲っていただいた大切なものなので、ずっと使っていて、今は脚の部分だけ付け替えてリビングのサイドテーブルにしているんです」

 「巨人の星」ではなく、「コーチの星」が今後、どのような選手を一軍に送り出すのか。今から楽しみである。

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!

日本人初の100m走9秒台、特に誰を応援している?
BACK 1 2 3 4
4/4ページ

ページトップ