プロ野球PRESSBACK NUMBER

平凡な選手が指導者になった時……。
西武・星孝典が目指す“コーチの星”。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2017/05/16 07:00

平凡な選手が指導者になった時……。西武・星孝典が目指す“コーチの星”。<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

昨秋の西武新コーチ就任会見より。左端が星孝典、他にも西口文也(二軍投手コーチ)、馬場敏史(内野守備・走塁コーチ)、野田浩輔(二軍バッテリーコーチ)、工藤建太(二軍トレーニングコーチ)らが並んだ。

「この選手がどうやったら一軍に通用するか?」

 その日、西武第二球場ではイースタンリーグの試合が行われていた。

 試合が終わると星はすぐに室内練習場に向かい、打撃練習の準備を始める。バッティングマシンにボールをセットし、個別練習をする若手に付き合う。マシンのボールが空になると、選手と一緒にボールを拾い、またマシンに入れる。それを何度も繰り返している。

「やっとコーチという役割には慣れてきましたけど、同時に、今は自分の引き出しのなさを痛感しているところです。いろいろな角度から、“この選手がどうやったら一軍に通用するか”ということを考えて、アプローチをしたいんですけど、そのための引き出しが足りないですね。もっと知識を増やして、その選手に合った方法を提案しなければいけないと思っているところです。本当に難しいですね」

 コーチ就任直後はノックが打てず、室内練習場のネットに向かい1人で特訓もした。

「まだ全然、いい打球が打てなくて、選手の練習の手助けになっていないんですよ。もっと練習しないといけませんね」

 現役時代は自分でボールを上げ、打つ機会などないのだから無理もない。当然と言えば当然である。

「星は元キャッチャーだから」全ポジションが分かる。

 潮崎哲也・二軍監督はこう語る。

「星はいいコーチになると思いますよ。気持ち的に優しい男やから、選手と一緒になって考えて、その選手のためを思って、とことん練習に付き合える。妥協せずに選手に付き合うのは、口で言うほどたやすいことではありませんからね。でも星は性格的、人間的に信頼を置けるまじめな男だから、それができると僕は思っています」

 現在は、残留組担当。イースタンリーグの試合で本隊が相手チームのホームグラウンドで試合をする際に、第二球場に残っている選手の練習を見るのが星の役割である。

「残留組には入団したばかりの若手もいるし、ケガから復帰を目指すベテランもいます。そういったあらゆる選手の練習に付き合えるコーチでないと務まらない仕事です。星は元キャッチャーだから打撃も見られるし、ピッチャーも見られる。すべてのポジションの選手を見ることができるオールマイティなんですよね。この育成コーチという役割が最適だと思っています」(潮崎・二軍監督)

【次ページ】 「自分の言葉に重みがないのは重々承知」

2/4ページ
関連キーワード
星孝典
埼玉西武ライオンズ
炭谷銀仁朗
読売ジャイアンツ

ページトップ