“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J1即スタメン、原輝綺18歳の苦悩。
強すぎる使命感をU-20で忘れろ!

posted2017/05/10 11:00

 
甲府戦で原はチームに勝ち点3をもたらす原動力となった。高卒新人らしい初々しい笑顔を新潟サポーターに見せられる日は来るか。

甲府戦で原はチームに勝ち点3をもたらす原動力となった。高卒新人らしい初々しい笑顔を新潟サポーターに見せられる日は来るか。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 5月7日、新潟に激震が走った。クラブからチームを指揮する三浦文丈監督の突然の休養が発表され、当座は片渕浩一郎コーチが監督代行を務め、その間に後任を探すということになったのだ。

 新潟はリーグ10試合を終えて1勝2分け7敗の降格圏内の17位に沈み、ルヴァンカップ3試合を含めると、1勝3分け9敗という危機的状況にある。J1残留に向けて一刻の猶予も許されない中での決断となった。

 大きく揺れるクラブにおいて、1人のルーキーもまた大きな試練に直面していた。

「もう自分をルーキー(若手)だとか思っていませんから」

 若手選手を取材するとき「まだ1年目だからね」、「まだ20歳だからね」などという話を振ると、多くの選手がこのニュアンスの言葉を返して来る。

 この表現には「自分はルーキーだという甘えた気持ちは持っていない。1年目から出るつもりでプロに入った」といったプライドと、自分に戒めるための“常套句”だと思う。

 だが、たまにこの言葉が“重責”となってしまう人間もいる。

 それが今の原輝綺だ――。

リーグ全試合に先発出場、決勝点も挙げたが。

 U-20W杯を戦う世代別日本代表のメンバーであり、今年、市立船橋からアルビレックス新潟に入団したルーキーである彼もまた、冒頭の言葉を良く口にする。

 J1で唯一となるルーキーでの開幕スタメンを飾ると、リーグ戦10試合すべてで先発出場し、うち9試合はフル出場。第7節の甲府戦では決勝弾を叩き込んで、チームに今季初勝利をもたらした。チームの戦績は抜きにしても、ルーキーとしては十分すぎる結果を彼は出している。

 しかし、彼の心境は周りの評価とは全く異なるものだった。

【次ページ】 “自分でチームを勝利に導く”という使命感。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ

ページトップ