オリンピックPRESSBACK NUMBER

殺到するファン、国民の極端な期待……。
それでも桐生祥秀が一番9秒台に近い。

posted2017/05/08 08:00

 
織田記念陸上での決勝レース。スタート前に精神を統一している桐生。このメンタルの強さが、9秒台への最強の武器となるはず。

織田記念陸上での決勝レース。スタート前に精神を統一している桐生。このメンタルの強さが、9秒台への最強の武器となるはず。

text by

別府響(Number編集部)

別府響(Number編集部)Hibiki Beppu(Sports Graphic Number)

PROFILE

photograph by

Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 貫禄が出てきた。

 4月29日に広島で行われた織田記念陸上。

 GP種目の男子100m決勝に登場した桐生祥秀(東洋大)は、向かい風0.3mの条件の中で10秒04を記録。圧勝して見せた。

 向かい風の条件下では日本史上最速タイムではあるが、一方で集まった1万1000人の観客が期待する「9秒台」には、届かなかった。

 これで早くも今季3度目の10秒0台。だが、なかなか歴史的瞬間は訪れない。ファンからは「なんだ、また“10秒の壁”は破れなかったのか――」という嘆きが聞こえてきそうだ。

 だが、ちょっと待ってほしい。

 今季の桐生はこれまでと明らかに、違う。

 本人が「10秒0台で走った翌日でも、昨季と比べてダメージが少ない。明日また100m走ろうと思えば走れる」と語るように、冬季に取り入れたウエイトトレーニングやフォーム改善の影響か、明らかに身体の強さに磨きがかかっているのである。

技術的成長だけでなく、精神的にも一気に成長した。

 また、課題だったという80m以降の後半にスピードが落ちなくなり、0台の記録が続くことが示すように、走りのアベレージは明らかに上がっている。

 何より目を引くのが精神面の変化だ。

 一言で言えば「落ち着いて」いるのである。

 織田記念には、日本人初の9秒台という歴史的瞬間を一目見ようと、ファンたちがこれでもかと押し寄せた。本来ならば、桐生同様に期待を集めたはずの山縣亮太(セイコー)は、足首の故障のため、今大会は直前で欠場。桐生はたった1人で、日本中の期待を背負う格好になってしまっていた。

【次ページ】 あらゆる場所、タイミングで桐生に殺到するファン。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ