月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

阪神なら報知、巨人ならデイリー!?
プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。

posted2017/05/01 17:00

 
阪神なら報知、巨人ならデイリー!?プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

新聞各紙はそれぞれに独自の論調、名物コラムを持つが、特にスポーツ新聞ではそれが顕著なので、読者としてもより一層視野が広がるはず。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 最近「新聞の読み比べの楽しさを語ってください」といろんなところで言われます。

 新聞を擬人化すれば“おじさん”だと思うのですが、各紙の論調の違いを「おじさんが、自分の信じる正義を日々主張していると思えば興味深い」とまず説明します。

 同じ案件でも新聞によって「テロ等準備罪」と「共謀罪」と呼び方が異なる。読者は自分の考えと合う新聞を読むことが多いはず。それは自然なことだと思うけど「今読んでる新聞と反対の論調の新聞も読むと面白いのでは?」とも提案しています。「相手側」の意見を読むことで発見もあるからだ。

 そこで具体例で出すのがスポーツ新聞だ。

 スポーツ紙によっては、推す球団がハッキリしている。

 たとえば「スポーツ報知」は巨人、「デイリースポーツ」は阪神。

 「報知」は読売グループだから当然だろうけど「デイリー」は阪神と直接関係なくても推している。それがファンに伝わり、阪神ファンは「デイリー」をよく読む。情報が偏っているからこそファンは嬉しい。勝った日の翌日はお祭り騒ぎで褒めポイントが多い。

 でもこんなとき、巨人ファンは「デイリー」を、阪神ファンは「報知」をチェックしてみるといいと思うのだ。相手側の評価が「必要最小限のシンプルさ」で書かれているからだ。

「藤浪もいつかこんな投手になってくれたら……」

 たとえば昨年4月7日のデイリースポーツの名物コラム「松とら屋本舗」は巨人の菅野についてこう書いた。

《中盤以降は手も足も出なかった。硬軟自在。しかも本格派のそれです。敵ながら…いや褒めてたまるか。でも、感じてしまったんだから書かなきゃいけない。藤浪もいつかこんな投手になってくれたら、うれしい。》

 自軍のエースもいつかこんな投手になってくれたら、という最大限の褒め言葉。これを読めば「菅野ってホントにすごいんだな」と巨人ファンはあらためて知ることだろう。

 では、4月21日~23日におこなわれた今季初の東京ドーム「巨人-阪神戦」3連戦を、「報知」と「デイリー」はどう伝えたか。相手側について書いているポイントだけに注目してみた。

【次ページ】 長嶋茂雄さんによるメッセンジャーへの見解を読む。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
菅野智之
藤浪晋太郎
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
福留孝介
長嶋茂雄
阿部慎之助
梅野隆太郎

ページトップ