Number Do ExBACK NUMBER

やっぱり走っている人はカッコいい!
街で、公園で、皇居で。お洒落ランナーをスナップ!
~やっぱり映えるネオンカラー編~

posted2017/05/07 11:00

 

text by

高村将司

高村将司Masashi Takamura

PROFILE

photograph by

Wataru Sato

鍛え上げられた肉体のせいなのか、身にまとうウェア&ギアのせいなのか。
とにかく美しいランナーのスナップをテーマ別に公開。
思わず惚れ惚れするランナーの格好よさとは?

やっぱり映えるネオンカラー

周囲からの視認性を高めるネオンカラーだが、今春はファッション的なトレンド。ダークカラーとコントラストをつけて楽しんでいるランナーが主流だ。

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン PR 菊地紗矢香さん(34)

「普段は友人と走りますね」とラン仲間の多い菊地さんは、過去にはホノルルマラソンの完走経験を持つ。本気系ウェアのカラフルな色柄使いをレインボーカラーのシューズによって巧みにまとめあげている。

アウンPR 高畑誠さん(35)

学生時代に水泳で鍛えた肉体美を、まばゆいイエローが包む。キーカラーを他のアイテムでも拾うのは、カラーコーデで統一感を見せる鉄則中の鉄則。ニューバランスのランシュー、M1040もそこにマッチする。

ビームス スタッフ 柳香織さん(36)

「ランBMS」の女子部員。週1ペースで5キロ程度を欠かさず走る。こちらはウェアをナイキで統一。ベストのインナーにネオンカラーを持ってきて、上下ブラックで引き締める。シューズもカラフルにもうひと遊び。

アウンPR 平林麻里さん(31)

キャップ以外をニューバランスで統一。インナーのブラトップとランシューをピンクで揃えてメリハリをつけている。メッシュアウターからネオンカラーをあえて透けさせる小技は、使えそうなテクニックだ。

<高橋尚子 責任編集>RUNの“伸びしろ”きっと見つかる!

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2017 vol.28

<高橋尚子 責任編集>
RUNの“伸びしろ”
きっと見つかる!

【Special Lesson】
教えて!Qちゃん ランの常識・非常識AtoZ
【Lesson1】一歩先のトレーニング
中野ジェームズ修一/神野大地/体幹&ヨガラン
【Lesson2】ランを科学する
人類初の“サブ2”/84歳のアイアンマン/脳とラン
【Lesson3】ランニングギア研究所
最先端ウェア/ワイヤレスイヤホン/ウォッチetc ほか

定価:(本体926円+税)目次ページへ

関連コラム

ページトップ