#sotaronbaBACK NUMBER

NBAプレイオフベスト8が激アツに!
セルティックス対ウィザーズに大注目。

posted2017/05/01 17:45

 
NBAプレイオフベスト8が激アツに! セルティックス対ウィザーズに大注目。<Number Web> photograph by Maddie Meyer/Getty Images

5月1日(日本時間)、東カンファレンスセミファイナル第1戦は、アイザイア・トーマスの活躍でセルティックスがウィザーズを下した。

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Maddie Meyer/Getty Images

 プレイオフ1回戦の試合が5月1日の早朝(日本時間)に全て終わり、カンファレンス・セミファイナルに進出する東西8チームが出揃った。

 その中で話題性が高く、最も激しい戦いになると予想されるのが、東の首位ボストン・セルティックスと4位通過のワシントン・ウィザーズのシリーズだ。

 対戦の回数こそ少ないが、NBAに現存するチーム間の関係性から言えば、今一番“熱い”のは間違いない。この2チームは、とにかくお互いを嫌っている。

 現地の報道でも、「両チームの間にはバッド・ブラッド(悪い血/不仲の意)が流れている」と言われるほど、彼らは感情をむき出しにしてぶつかり合っている。

 レギュラーシーズン、両者の対戦は2勝2敗の引き分け。

 しかし、1年以上も前からの対戦で衝突を繰り返し、遺恨は深まるばかりである。

骨折、危険行為の退場、口論によるファール……。

 発端は、2016年1月16日の対戦でセルティックスのジェー・クラウダーがウィザーズ前HCと試合中に言い合いになり、テクニカルファールをもらった試合に遡る。その試合では、激しい攻防だけでなく、過激な“口撃”も互いに放ちあうまでの事態となった。

 その直後1月25日の対戦では、セルティックスのマーカス・スマートの肘がウィザーズのブラッドリー・ビールの鼻を捉え、ビールは鼻の骨折と脳震盪を起こした。

 そして、今シーズン11月9日の対戦で、相方ビールがやられたことへの報復だったのか、ウィザーズのジョン・ウォールがスマートに接触し、危険行為で退場。スマートも口論の際の発言でテクニカルファールをもらった。

 そして、決定的だったのが今年の1月11日だ。

【次ページ】 ロッカールーム間に警察官を配備する緊張状態に。

1 2 3 4 NEXT
ボストン・セルティックス
ワシントン・ウィザーズ
ジェー・クラウダー
マーカス・スマート
ブラッドリー・ビール
クリーブランド・キャバリアーズ
アイザイア・トーマス
エイブリー・ブラッドリー
ブランドン・ジェニングス

ページトップ