Number ExBACK NUMBER

松坂世代で名球会入り一番乗り?
村田修一は2000本を打てるか。

posted2017/05/02 07:00

 
阿部慎之助が休養した4月22、23日の阪神戦は「4番・一塁」でスタメン出場。チームが困ったときに頼れる存在となっている。

阿部慎之助が休養した4月22、23日の阪神戦は「4番・一塁」でスタメン出場。チームが困ったときに頼れる存在となっている。

text by

田村航平(Number編集部)

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura(Sports Graphic Number)

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 ベイスターズのルーキーだった2003年、村田修一は背番号と同じ数の25本塁打とド派手なデビューを果たす。ヒーローインタビューでも、こんな決め台詞で人気を博した。

「村田修一、弱冠22歳。まだまだ伸び盛りです!」

 ある日のお立ち台では、一緒に登壇したベテランのデニー友利も「私は弱冠36歳です!」と被せて笑いを誘った。

 村田はあのときのデニーと同じ、36歳になった。

「そういえばデニーさん、言ってくれてましたね。36歳はもう『弱冠』とは言えませんけど、僕はまだまだできると思ってますよ」

 そして、こう続けた。

「この世代で、誰かに200勝か2000本安打を達成してほしいと思っているので……」

 日米通算で投手なら200勝か250セーブ、打者なら2000本安打を達成すれば名球会への入会資格を得られる。村田は1980年度生まれで、いわゆる「松坂世代」。この世代では松坂大輔が最初の10年で141勝と飛ばしていたが、ホークス移籍後の2年間は未勝利だった。残り36勝と、今後の巻き返しは右肩の状態との相談になりそうだ。

 目前まで迫っているのは、225セーブの藤川球児。抑えに固定さえされれば、1年で達成できそうな数字ではある。ただ、昨季のタイガース復帰後は3セーブと、近い将来にそれだけのセーブ機会を得られるか定かではない。

あと230本で2000本と迫ってはいるが……。

 そんな中、打者として「松坂世代」初の名球会入りの可能性があるのは村田だ。4月26日時点で通算1770安打、2000安打まで残り230本となった。ジャイアンツ移籍後はシーズン毎の波が激しいものの、昨季は調子を取り戻して160本。ここ5年間の平均では133本を打っており、計算上はあと2シーズンをフルに戦えば達成できる。

 しかし、前途はなんとも多難だ。昨季に本塁打と打点でチームトップを記録しながら、今季はマギーの加入でベンチスタートが続く。開幕20試合でわずか5安打と、出鼻を挫かれるかたちになってしまった。

【次ページ】 「この世代じゃなければ、今の僕はありません」

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ