バスケットボールPRESSBACK NUMBER

人気に続き実力もBリーグ最高峰へ。
千葉ジェッツ、激戦区での大躍進。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/04/21 08:00

人気に続き実力もBリーグ最高峰へ。千葉ジェッツ、激戦区での大躍進。<Number Web> photograph by AFLO

千葉には他チーム以上の“伸びしろ”がある。

 39歳の青年指揮官である大野も、CSまでの残された試合の意義を説く。

「自分たちがもっと、もっとステップアップできるということを信じて、どれくらいやれるのか、です。それを選手には口酸っぱく言っています。

『もっともっとタフになれるはずだし、もっともっと良いオフェンスを生めるはず。でも、そのためにディフェンスをしないといけないし、リバウンドをとらないといけない』と。本当にベーシックなことばかり言い続けているので、選手はウザがっているかもしれないですけどね(笑)」

 大野がHCに就任したのは、今シーズンから。そこは上位に立つ三河、川崎、栃木、A東京とは大きく違うところだ。チーム作りには時間がかかる。その分だけジェッツは、シーズン序盤戦に勝ち星を伸ばすことはできなかった。

 でも、今は違う。

 大野の指導が実を結びつつある。優勝候補と互角以上に渡り合っているのがその証拠だし、何より、彼らには他チーム以上の“伸びしろ”がある。

東地区にいたから、人気も実力も伸ばせた。

 伊藤は、今季のジェッツをあるキーワードを用いて、こう説く。

「僕たちは『若い』チームなんです。それは年齢が若いという意味ではなくて、今シーズンから新しいチーム作りを始めたところなので、チームとして若いという意味です」

 そして、続けた。

「もし、他地区に千葉が入っていたとしたら、今のように(多くのお客さんが)応援してくれていたかな? と考えると……。むしろ、僕たちには(東地区所属が)上手く作用したほうが大きかったんじゃないかなと思います。

 強いチームとクロスゲームをしながらも勝っていくことこそが、チーム強化のための一番の薬になってくる。若い選手にも、そういう経験がこれから絶対に活きてくると思います。個人的には、この地区に入って良かったなと思っています」

【次ページ】 Bリーグ独特の地区分けをも、成長のための養分に。

5/6ページ
関連キーワード
千葉ジェッツ
富樫勇樹
大野篤史
西村文男
伊藤俊亮
Bリーグ

ページトップ