浅田真央が引退。あなたが忘れられないエピソードを教えてください。

集計グラフを見る

 ながらく日本のフィギュアスケート界を牽引した浅田真央が引退を表明しました。  世界中から彼女の決断に対して賞賛と、惜別のメッセー・・・続きを表示

●デビュー~トリノ五輪まで
●トリノ五輪後~バンクーバー五輪まで
●バンクーバー五輪後~ソチ五輪まで
●ソチ五輪後

1-20件を表示 / 全20

すべて| デビュー~トリノ五輪| トリノ五輪後~バンクーバー五輪| バンクーバー五輪後~ソチ五輪| ソチ五輪後|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • バンクーバー後にスケーティングの修正でジャンプが思うように跳べず、そしてお母様が亡くなられてボロボロだった頃に演じられていた『愛の夢』
    絶対辛いはずなのに、どの試合でも、ジャンプが跳べなくても…見ているみんなにスケートで愛を与えて演じていた。
    辛いはずの彼女の演技に幸せをもらった。
    スポーツ選手を超えた女神の様な存在です。
    ショックだけど彼女自身が幸せになってほしい。
    最後全日本見れて良かった…

    MARI男さん2017/04/11 22:08に投稿

    2
    そう思う!
  • 浅田真央選手のプログラムは全て好きですが、最後のシーズンプログラムとなったリチュアルダンスは、SPとFSの二つで一つのプログラムになるという、真央選手にとっても渾身の意欲作だったと思います。怪我に苦しみ、レベルを落としての試合出場が続きましたが、振付も衣装もメイクも素晴らしかったこのプログラムの完成した形を、そして、出来に満足して笑顔でうなづくあの氷上の真央さんの姿を、是非観てみたかったです。

    ヨウカンさん2017/04/11 17:02に投稿

    1
    そう思う!
  • あの納得のいかないキムヨナの縛上げ点数のバンクーバーから、基礎から直し、スケートと向き合った真央さんの真のアスリートとしての姿、立ち振る舞い。どんな苦境にさらされても、必ずそこから這い上がる姿・・・そんな姿にどれほど胸を打たれたことか。ソチのアルメニアリンクでのスケ連の大失態。失態というよりは、陰謀ですね。そんなこと決して口にすることなくあのフリーに繋げた真央さんはスケートの神様から愛された唯一無二のスケーターです。

    alohaさん2017/04/24 01:17に投稿

    1
    そう思う!
  • ソチ5輪のラフマのFSは今見ても泣けてきます。
    真夜中にジャンプが決まる度よし!よし!と言いながら応援してました。
    終わった瞬間は号泣でした・・・ 

    akiさん2017/04/11 15:50に投稿

    0
    そう思う!
  • 12年前からのファンです。決められないくらい沢山ありますが、1番感動したのはソチ五輪のフリーでした。
    ジャンプを一つ一つ成功させていく度に涙が溢れ、テレビは涙でぼやけて画面が見えなかったことを思い出します
    あの超高難易度のプログラムをあれだけの精度の高さでこなせるなんてほんとに凄い。
    逃げ出したくなるような緊張感、重圧を跳ね除けての演技は本当に圧巻でした。とうとう五輪の金メダルは手に入れられませんでしたが、私の心の中ではずっとずっと金メダルです。真央ちゃん、今までありがとう!おつかれさま。これからの真央ちゃんに沢山の幸せが訪れますように…ずっと応援しているよ。

    まんごーぷりんさん2017/04/11 16:30に投稿

    0
    そう思う!
  • プログラムの初めから終わりまで彼女の「気」が充ち満ちていたと思います。不要な要素などひとかけらもない、つなぎの部分もジャンプへ向けての滑走の間も手の動き一つも、全てが魅力的でした。高い技術と表現力の見事な融合。誰もが「真央ちゃんは見たい」と思っていたのではないでしょうか。他のスケーターは「こんなジャンプ跳べます」「スピン上手にできます」という感じの技術の披露と「私、こんな表現できるのよ」という感じで、技術と表現がそれぞれ解離しているように思え、すごいとは思うけれども魅力はあまり感じられません。真央さんの演技は、何度でも見たいと思う不思議な力があります。

    のろがっちょさん2017/04/11 16:52に投稿

    0
    そう思う!
  • 最も印象に残っている試合のひとつがバンクーバー五輪SPです。冒頭のトリプルアクセルを決め、フリップ.2Aと難なく進み、長いストレートラインステップをなんとも嬉しそうな笑顔で踏む浅田選手を見ているうちに、自分が知らずに泣いている事に気付きました。あれ?私なんで泣いてるんだろう、と思った時が、浅田真央というスケーターに完全に惚れた(墜ちた)瞬間です。
    ジュニア時代から全ての試合をテレビや現地で観てきましたし、その過程で数えきれない程の喜びを貰いましたが、あの仮面舞踏会の「摩訶不思議な心の掴まれ方」は強烈でした。自分にとって唯一無二の存在です。今は淋しくてたまりません。

    あざら4さん2017/04/11 18:05に投稿

    0
    そう思う!
  • 真央ちゃんの母である匡子さんが生前、「フィギュアスケートは人生を滑るのよ」と言ったそうです。深い言葉ですよね。まさにソチのフリーは限界の挑戦、技と芸術の研鑽、不屈の精神など今までの真央ちゃんが積み上げてきた人生そのものですよね。誰もが壁にぶち当たった経験があるもの。だから、見る者の心を打つのだと思います。もちろん私もそうです。どれほど背中を押してもらったか・・・。感謝の思いでいっぱいです。

    ゆーみんさん2017/04/11 21:18に投稿

    0
    そう思う!
  • ソチオリンピックの話。観戦することになった私は、バナーにどんなメッセージを書くかものすごく悩みました。たどり着いた結論は、アウェーの会場で少しでも真央ちゃんがリラックスできるよう、日本語でファンのみんなが思っていることを書くこと。「真央ちゃん、みんな応援してるよ、大丈夫!」と、お花のような真央ちゃんのイメージに合うピンクのバナーを作りました。結果は皆さんご存知通りですね。

    私が知る限りテレビでは捕らえられていないと思いますが、フリーの後会場から去る時、出入り口の上の席にいた私たちに向かって「ありがとう」と言ってくれました。私の方こそ、一体どれだけ真央ちゃんに夢を見させてもらったことか。なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになりました。私の大事な大事な、真央ちゃんとの思い出の一つです。

    なおさん2017/04/11 22:24に投稿

    0
    そう思う!
  • 選択出来なかったのでバンクーバー以降になってますが、真央ちゃんの演技は、他のどの選手も追従出来ていない技の完成度は初期からですが、
    『仮面舞踏会』以降、涙無しには見れませんでした。
    人の精神の極限の美しさ、真央ちゃんを越えて響く女性を見る事は、
    ジャンルをスケート以外に移さなければ思い浮かびません。

    天才の定義は、『もう無理、、これ以上は嫌だ』と思うタイミングが人より極度に遅い人だと思います。
    真央ちゃんは天才です。

    ソチのフリーの演技直前の『真央ちゃん頑張れ!!』の羽生結弦選手の声、演技後の羽生選手や高橋大輔選手の涙。
    いつまでも胸に深く深く刻まれて居ます。

    Eurekaさん2017/04/11 23:54に投稿

    0
    そう思う!
  • 伝説のソチフリー。
    初めて子供の前で涙を流した。
    子供の前だったから堪えたけど、堪えきれずに号泣。
    初めて子供の前で泣いたのが感動の涙だった。
    今見ても泣いてしまう。
    それは今まで真央ちゃんはずっとずっと笑顔だったから。

    ゆづさんさん2017/04/12 06:34に投稿

    0
    そう思う!
  • 一番すごかったのは最初の頃だと思います。
    あの頃みたいに、好きで、輝いて、ただ幸せなだけの人が世界一になれるようなフィギュアであって欲しい。

    アサイーストロベリーさん2017/04/12 09:26に投稿

    0
    そう思う!
  • すごい子が出てきた!と思いました。
    難しいジャンプを難なくこなし、可憐で妖精のような演技。
    見た目も愛らしく、伊藤みどりちゃん推しだった私も、すぐに魅了されました。
    地元の小さなスケート教室で子供たちに教えていますが、真央ちゃんが出てきてスケートブームになって、潰れそうだった教室に子供たちが一気に増えたあの頃のこと、忘れられません。
    真央ちゃんも大人になって妖精には例えられなくなりましたが、心はあの頃のままなのでは。
    そして、私もあの頃と同じように、今もこれからも真央ちゃんが大好きです!
    お疲れ様でした!

    fumisumiさん2017/04/12 23:28に投稿

    0
    そう思う!
  • 2010 全日本 @長野 の(愛の夢)
    それまで不調だったのに、
    あの時 復活を印象づける
    素晴らしいFPで 本当に感動した。

    何より お母様が会場にいらしていた事もあって
    真央さんの全身から(ママ、見て‼︎) という気持ちが
    伝わってきたし、最後の3ループが決まってから終演まで
    会場の拍手が鳴り止まなくて、観客全員が
    早くスタオベしたくてしょうがない雰囲気が感極まって
    素晴らしい瞬間だったと思います。
    今でも、映像で見返しては 優しい気持ちになります。

    だいきちさん2017/04/13 16:32に投稿

    0
    そう思う!
  • 彼女の現役最後の国際大会となった2016年11月のフランス杯を現地観戦した際,隣に座ったフランス人の女の子達から「私たちマオちゃんの大ファンなんです」と日本語で話しかけられました。また,フリーの演技の後,真央ちゃんの熱烈なファンであるロシア人の女性が,通路の上から真央ちゃんにプレゼントを渡したときに,真央ちゃんの顔がパアッと笑顔になったのが印象的でした。こういった話は枚挙にいとまがなく,どこの海外の会場にいっても,自分はマオのファンだとわざわざ日本人の私に話しかけてくれる海外の方が沢山いて,真央ちゃんが世界中で愛されていることを実感し,本当に嬉しかったです。

    りーこさん2017/04/13 17:29に投稿

    0
    そう思う!
  • ソチ、休養して復活後のどこかの大会で確か一度完璧なトリプルアクセルを飛ばれたかと思う(間違いかな??)。本当に綺麗なアクセルだった。女子のフィギュアが、素人には分かりづらい技とミスをしない演技が中心となっていく中、唯一、素人が見ていて楽しく美しいと思える演技をされていたと思う。そしてそれは今も変わらない。表情で滑っているだけで見ている人を幸せにできる数少ない競技者だったと思います。

    o-kunさん2017/04/13 23:02に投稿

    0
    そう思う!
  •  ソチ五輪ショートプログラムでの低迷、その雪辱を晴らすようなフリー。悲願の五輪での金メダルがならなかったシーンが甦ります。
    かつてこれほど多くの人々に愛されたスケーターはいなかったのではないでしょうか。その熱狂ゆえに勝利の女神が嫉妬したバンクーバー、ソチだったように思います。

    手許 不如意さん2017/04/14 16:35に投稿

    0
    そう思う!
  • 男女ともに、年齢があがることでジャンプが飛べなくなる事実を覆す初めての選手になると思って見ていました。ご本人の言葉で、何故、飛べなくなったのか?を考察しておいて欲しいと思っています。

    たけまろさん2017/04/15 20:42に投稿

    0
    そう思う!
  • 引退会見での「もしソチ五輪で引退したら、今でもトップで戦えると思っていたはず」は、競技をやり切った選手にしか言えないセリフで、印象的だった。

    いちろうさん2017/04/21 10:43に投稿

    0
    そう思う!
  • 真央ちゃんが一番強かったのはデビューからシニア転向直後だと思います。年齢制限でトリノには行けなかったんですけど特例の申請は出来たと記憶しています。ソチ五輪後は痛々しかったです。気持ちも切れていたとは思います。日本ではトップスケーターをボロボロになるまで引退させないのだろうとおもいます。真央ちゃんしかり高橋選手、小塚選手しかり。何はともあれお疲れさまでした。

    ファルコンさん2017/04/24 21:29に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ