フランス・フットボール通信BACK NUMBER

スペイン代表の黄金時代も今や遠く――。
ロペテギ現監督が考える次世代構想。

posted2017/04/06 08:00

 
スペイン代表の黄金時代も今や遠く――。ロペテギ現監督が考える次世代構想。<Number Web> photograph by Sergio enrquez-Nistal/Marca/Iconsport

指導者としてスペイン代表のユース世代を数年率い、今回のA代表監督就任前はポルトの監督を務めていた。

text by

フレデリック・エルメル

フレデリック・エルメルFrederic Hermel

PROFILE

photograph by

Sergio enrquez-Nistal/Marca/Iconsport

 3月28日発売の『フランス・フットボール』誌では、発売日におこなわれたスペインとの親善試合(スタッド・ド・フランス、0-2でフランスの敗北)に向けて、「ある視点」欄でフレン・ロペテギ・スペイン代表監督を取り上げている。

 黄金時代が終焉を迎えた後に、ロペテギはいかにしてチームを再建しようとしているのか――。

 フレデリック・エルメル記者がテーマごとにロペテギ自身のモノローグの形で描き出しているのは、彼の監督としての哲学でありコンセプトである。同日に発売された『レキップ』紙のインタビューのような具体性には欠けている分、ロペテギのサッカー観は逆に際立っている。彼がスペインのサッカーをどう捉え、何をしようとしているかがよく伝わってくる。

監修:田村修一

ロペテギの流儀をひとつずつ説明していくと……。

 EURO2016の後にビセンテ・デルボスケの後を継ぎスペイン代表監督に就任したフレン・ロペテギは、“ラ・ロハ(スペイン代表の愛称)”の遺産を継承しながら独自のタッチをそこに加えようとしている。

 スペインの復活を託されたロペテギが、自らの方法論を語った。

<後ろを振り返らない>

「過去を回想する利点はひとつしかない。

 美しい思い出にひたって幸せな気持ちになることだ。

 スペインは歴史上なかった偉業を成し遂げた。たしかに1964年にもEUROを制覇したが、ワールドカップ優勝をはさんでEUROを連覇するなど誰もなしえなかったことだった。その誇りはこれからもずっと持ち続けるべきだが、今日のわれわれは過去を振り返るべきではない。しっかりと前を向いて自分たちの道を切り開かねばならない。

 他に比類なきほど偉大な選手たちの世代があった。だがその世代にこだわり続けることが、大きなエネルギーの損失をもたらした。

 私のプランは明確だ。

 新たな世代に信頼を寄せ、彼らのために道筋をつけること――近年築きあげた莫大な遺産を受け継ぎながら。

 たしかにブラジルワールドカップ(グループリーグ敗退)とフランスでのEURO(ベスト16敗退)は酷かったが、私が引き継いだのは優れた能力とモチベーションに溢れたグループだ」

【次ページ】 <最も有益な選手を選考する>

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
フレン・ロペテギ
ビセンテ・デルボスケ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ