私とDo 特別編BACK NUMBER

<私とラン> 市民ランナー マーティン・メイン 「英会話教師は“ランニング依存症”」 

text by

栗田孝子

栗田孝子Takako Kurita

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2011/01/27 06:00

<私とラン> 市民ランナー マーティン・メイン 「英会話教師は“ランニング依存症”」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto
いま全国で多くの大人がランに目覚め、汗を流し始めています。
走る目的もスタイルも、それぞれに異なる大人たち。
「Number」が初めて一冊まるごと“Doスポーツ”を特集した「Number Do」では、連続インタビュー企画「私とラン」で、彼らの「走る」を覗いてみました。
Number Webでは、雑誌未収録部分も掲載した「私とラン」特別編を公開。
第14回は、英会話学校講師のマーティン・メインさんに「ラン」について
語っていただきました。

 13年前に来日し、香川県出身の妻と娘の3人家族です。

 英会話学校の講師という仕事柄、朝でも夕方でも、時間が空いたときに走っていて、走行距離は夏は週に60km、冬は同じく80kmくらい。もともとスポーツは大好きで、水泳と自転車はやっていましたが、実は、足に強い衝撃が加わるランニングは避けていたんです。でも、食事や生活が不規則だったせいか、体重が増えてしまい、6年前にランニングをはじめました。

トライアスロンにも挑戦したいと思っています。

 いまではすっかり、“ランニング依存症”です。おかげで90kgあった体重はいま70kg、だいぶスリムになりました。妻も走っていますが、一緒に走ることはありませんね。お互いマイペースに続けています。ぼくが今履いている靴はアディダスですが、妻はぼくのより高いアシックスの靴を履いているんですよね(笑)。

 3月の「板橋Cityマラソン」にエントリーしています。また、トライアスロンにも挑戦したいと思っています。

              ◇    ◇    ◇

◆マーティン・メインさんへのQ&A
    45歳、英会話学校講師。

Q1 走りはじめたきっかけは?
水泳と自転車のトレーニングとして軽い気持ちで走り始めた。

Q2 どのくらいの頻度で走っていますか?
6~7回/週

Q3 走る日のタイムスケジュールは?
仕事のスケジュールによって、朝でも夜でも空いた時間に走る。

Q4 お気に入りのコースは?
境川、多摩川土手。

Q5 はいているシューズは?
アディダス。

Q6 走るときに聴く音楽は?
ラップ、レゲエ、ロックなど。

Q7 今までのベストタイムは?
03:52:00(フル)

大人のRUN!一冊まるごとランニング特集

「Amazon」で購入

関連コラム

ページトップ