沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

GI昇格大阪杯で武豊7勝目なるか。
キタサンに思い出す、ある名馬。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/01 08:00

GI昇格大阪杯で武豊7勝目なるか。キタサンに思い出す、ある名馬。<Number Web> photograph by Kyodo News

追い切りで力強い動きを見せたキタサンブラック。'16年は2着に終わった同レースで、GI通算4勝目を目指す。

京都記念を制したサトノクラウンもパワーアップ。

 ブラックと同い年で、早い時期から「世代ナンバーワン」と評する声もあったサトノクラウン(牡5歳、父マルジュ、美浦・堀宣行厩舎)が、昨年の香港ヴァーズを勝って復活、というより、数段パワーアップして蘇った。マカヒキを寄せつけなかった京都記念の強さは本物だ。

 ここで、大阪杯の印を。

◎キタサンブラック
○サトノクラウン
▲マカヒキ
△ヤマカツエース
×アンビシャス
注ステファノス

 もし、このレースがGIになっていなかったら、このうち何頭がドバイに遠征していただろう。

 そう思ってしまう豪華メンバーが揃った。好レース必至だ。

関連コラム

BACK 1 2 3
キタサンブラック
武豊
マカヒキ
サトノクラウン

ページトップ