サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ハリルと選手、理想のズレは大丈夫?
今も代表に残るポゼッションの影。

posted2017/03/30 12:50

 
ハリルと選手、理想のズレは大丈夫?今も代表に残るポゼッションの影。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ボールを持たされる展開から、何度か危険なカウンターを食らったハリルJ。世界が相手ならそもそもこの展開にはならなさそうだが……。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「無失点で終えられたのは奇跡に近い」

 ロシアW杯最終予選のタイ戦後、吉田麻也はそう試合を振り返った。

「4点とれたのは大きいです。悪いときでもこうやって勝ち点を積み上げていくというのは、予選を通して大事になっていきます」と一定の評価も示したが、試合内容については厳しい口調だった。

 香川真司の先制点、岡崎慎司の代表通算50ゴールが決まり、前半に2点リードした日本だが、グループ最下位のタイ相手に苦しい時間帯が続いた。久保裕也のゴールでリードを広げたものの、攻守にわたり終始安定感を欠いた。効果的な縦パスを入れられず、ボールの失い方も悪く、試合のイニシアチブを握ることができなかった。

岡崎、吉田が語る苦戦の原因。

 岡崎は理由について、こう話している。

「大きな原因というのは引きすぎて、前に押し上げられないということだった。ゴール前まで遠いなと感じたし、カウンターサッカーをするチームが陥りやすい罠に陥った。タイも本当にいいチームだったけど、ボール回しで焦りすぎている部分が多かった。もうちょっと展開してもいい場面があったと思う。(選手同士の)息はあっていなかったですね」

 一方、吉田は自分たちのミスを強調する。

「ラインは高かったと思うんですけど、選手の距離感、失い方が悪かった。無理なクサビ(のパス)を入れる必要もなかったと思うし、後ろでちょっとリスクをかけすぎたというのもある。押し込まれていても、変に繋いだりしてしまった。プレーを切ることも必要だったかなって思います。基本的には自分たちのミス」

 UAEにアウェーで快勝したが、ホームではまったく違う一面を露呈することになった。しかし、この問題は過去にも見られたものである。

「引いて守ってくる相手に対しては、今までも縦に速くということを意識しすぎて、個人のアイディアだけ、個々でがんばっている感じがする。まだまだ、連動的にはなっていないと思います。チームとしてはもっと成熟させなくちゃいけない」という岡崎の言葉が、現在の日本代表を的確に表現していた。

【次ページ】 試合前、ハリルホジッチ監督は強気だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
吉田麻也
岡崎慎司
ヴァイッド・ハリルホジッチ
アジア最終予選
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ