マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

今年の高校野球は人材が濃いぞ……。
選抜ベスト8の選手で打線を組んだ。

posted2017/03/30 07:30

 
今年の高校野球は人材が濃いぞ……。選抜ベスト8の選手で打線を組んだ。<Number Web> photograph by Kyodo News

スラッガー揃いの今大会でも、履正社の安田尚憲の存在感はやはり目立つ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 甲子園は準々決勝が面白い。

 昔から言い継がれてきた、甲子園の“セオリー”の1つであろう。

 そして、このセンバツの準々決勝。

第1試合 履正社高vs.盛岡大付高
第2試合 報徳学園高vs.福岡大大濠高
第3試合 健大高崎高vs.秀岳館高
第4試合 東海大福岡高vs.大阪桐蔭高

 高校生ばなれした重量打線。ベースランニングでゆさぶり立てる「機動破壊」。粘りに粘る野球上手に、総合力で圧倒して押し切る高い完成度のチーム。これだけの個性あふれる顔ぶれが8強に集うセンバツも、近年では珍しいのではないか。

 1日で4試合こなしてしまうのがあまりにも惜しい気もするし、逆に、一気にこれだけのチームが見られてしまうありがたさも感じて、「もったいない、もったいない……」と呪文を唱えるように、試合に臨んだ。

ミレニアムベイビーは、“野球人材”も濃い。

 このセンバツの準々決勝に“充実”を感じる理由の1つに、今年の「人材の豊富さ」が挙げられよう。

 今年の高校野球は人材が濃いぞ……。

 そんな予感は、昨秋からしていた。

 2年生、1年生にまんべんなく人材が行き渡った。特に、この春新2年生になる世代は、その多くが2000年生まれ「ミレニアムベイビー」だ。新たな時代の最初の年に生まれたメモリアルベイビーはその数も多く、比例して“野球人材”も濃い。

 昨年、高校に取材にうかがうたびに「今年は1年生がいいんですよ!」。監督さんが熱く薦める人材は、入りたての1年生(今春の新2年生)ばかりだった。

【次ページ】 8強の選手たちで打線を組んでみると……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
植田拓
永山裕真
古賀悠斗
安田尚憲
若林将平
木本凌雅
片岡心
湯浅大
三浦銀二
徳山壮磨
川端健斗
小園海斗
渡辺瑠維
根尾昂
山田健太
藤原恭大
山下航汰
樺嶋竜太郎
山下竜哉
筒井太成

ページトップ