野球場に散らばった余談としてBACK NUMBER

世代交代中の阪神を牽引する新主将。
福留孝介、若手を鼓舞する40歳の経験。

posted2017/03/30 07:00

 
世代交代中の阪神を牽引する新主将。福留孝介、若手を鼓舞する40歳の経験。<Number Web> photograph by Kyodo News

春季キャンプの守備練習にて。若手の横田(左)、高山(中)らに声をかける福留。左胸の上には、キャプテンを表す「C」のマークが。

text by

酒井俊作(日刊スポーツ)

酒井俊作(日刊スポーツ)Shunsaku Sakai(Nikkan Sports)

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 サッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が決断を下した。W杯アジア最終予選に、ACミランで出番がない本田圭佑を招集したのだ。不要論すら浮上するなかでも選んだ理由として「試合に出ていなくても、いまの代表は本田を必要としている。彼の存在が大事」との言葉が伝わってくる。いまの体制で最多の9得点を挙げる力量だけでなく、本田が発するリーダーシップへの期待がある。

 それほど「精神的支柱」が大切なのだ。

 スポーツは技量の寄せ集めでは勝てない。逆境に動じない心、そして、勝ちに向かって結束する姿勢は欠かせない。大舞台になるほど、猛者を束ねるリーダーの存在が浮き彫りになる。若い陣容のチームなら、なおさら大事になってくる。

 さて、ずっと追っている阪神も、いままさに同じ状況だ。

「預かり」の立場ながらも積極的に貢献する。

 金本知憲監督が率いて2年目を前に、チームの体制をガラリと変えた。

 昨年11月にキャプテンが交代。不振を極めた鳥谷敬から、今年4月に40歳を迎える福留孝介にバトンタッチした。移籍5年目のベテランは、しかし、鳥谷の復調を待って再び禅譲する「預かり」のスタンスで引き受けている。それでも、就任したからにはチームが好転するよう、積極的に動く。わずか数カ月の間にも、キャプテンシーを発揮し、福留の心意気が見え隠れする。

 カレンダーを1枚だけ戻そう。

 2月の沖縄・宜野座キャンプ序盤、休日前夜にチームスタッフが連れ立って出かけた。読谷村の焼き肉店で網を囲む。打撃投手が勢ぞろいするなか、輪の中心で口を開く男がいた。

【次ページ】 若手選手とベテランのスタッフとの橋渡しを。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福留孝介
鳥谷敬
金本知憲
高山俊
北條史也
江越大賀
横田慎太郎
久慈照嘉
大山悠輔
中谷将大
藤浪晋太郎
阪神タイガース

ページトップ