サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

押し込まれ、振り回された4-0。
タイに苦戦するハリルJの真実。

posted2017/03/29 11:25

 
川島永嗣が目立つということは、シュートを打たれているということである。タイ相手にその試合展開はまずいのでは……。

川島永嗣が目立つということは、シュートを打たれているということである。タイ相手にその試合展開はまずいのでは……。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 ロシアW杯の出場を争うサウジアラビアやオーストラリアの関係者たちが、日本対タイ戦の結果を映像より先に文字で確認したら――。前半2-0、後半2-0というスコアから、日本の快勝を思い浮かべるに違いない。

 現実は、まるで違う。

 危険な兆候は、キックオフ直後の5分に読み取ることができた。

 両チームを通じて最初のシュートをタイに許した流れを巻き戻すと、敵陣左サイドでのボールロストに辿り着く。最終ラインからボールを運んだ森重真人が、中途半端なパスをカットされてしまう。ポジションをスライドするよりも早く右サイドへ展開され、クロスボールのクリアをフィニッシュへつなげられてしまった。

 それでも日本は、開始8分に先制弾をマークする。森重のフィードが右ウイングの久保裕也へわたると、UAE戦で1得点1アシストの23歳がタテへ持ち出す。グラウンダーのクロスがペナルティエリア内の香川真司へつながり、キックフェイントでシュートコースを作り出した背番号10が、右足の強烈なシュートを突き刺した。

最終予選で初めて、前半に2点目を取ることに成功。

 ここまで消化した6試合で、日本は4勝をあげている。勝ち点3をつかんだゲームのスコアは2-0か2-1のどちらかで、前半のうちに2点目をあげたことはない。それこそがクロスゲームを強いられてきた要因だが、この日は19分に追加点をマークする。

 CKのセカンドボールが最終ラインまで下がり、長友佑都が右サイドへ展開する。CKの流れで前線へ残っていた森重がボールを落とし、久保がニアサイドへピンポイントの高速クロスを供給する。

 ここに、岡崎慎司が飛び込んできた。UAE戦で負傷した大迫勇也に代わってCFで起用された背番号9が、右ポスト際の狭いコースにヘディングシュートを叩き込んだ。

【次ページ】 急造コンビのボランチが、どうにもぎこちない。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ