スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

俊輔、清武、乾より大フィーバー。
地元が待ちわびた柴崎岳デビュー戦。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/03/21 11:40

俊輔、清武、乾より大フィーバー。地元が待ちわびた柴崎岳デビュー戦。<Number Web> photograph by AFLO

鹿島で1年目からつけた愛着のある背番号20とともに、スペインのピッチに立った柴崎岳。彼の欧州挑戦はここから始まる。

必要なのは即戦力だとすれば……。

 残り12試合となった今季のリーグ戦で求められるのは、計算できる即戦力である。その中で新加入の柴崎がチームに貢献する展開としては、2つの状況が考えられる。

 1つはリードしている時に2トップの1人を削ってトップ下に柴崎を投入し、中盤を厚くしたポゼッション重視のゲームコントロールで逃げ切りを図る場合。もう1つはこの日のように、ゴールが必要な状況でボランチを1枚削り、そこに柴崎を加えて攻撃の質を高める場合だ。

 前者のような起用法であれば、デビュー戦のようなプレーでも及第点をつけることはできるだろう。だが後者の場合、当然ながら求められるのはゴールに直結するプレーである。

 デビューに至るまで2カ月近くを要した柴崎にとって、今後は1試合、1分1秒たりとも無駄にできる時間はない。

 次節は勝ち点4差で3位につけるカディスとの上位対決。まずは1週間の練習でしっかりアピールした上で、出番があれば目に見える結果を積極的に狙ってもらいたい。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ
関連キーワード
柴崎岳
テネリフェ

ページトップ