野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

WBCに出てる外国選手はどんな人達?
MLB愛好家のトリプルクロスレビュー。

posted2017/03/20 11:30

 
WBCに出てる外国選手はどんな人達?MLB愛好家のトリプルクロスレビュー。<Number Web> photograph by AFLO

バレンティンは強打のオランダでも4番に座って打ちまくっている。アメリカの地で日本と戦うことになるのだろうか。

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by

AFLO

 ひと雨ごとに暖かさを増す今日この頃。ペナントレース開幕も間近に迫ったこの季節、今年もあの重度のMLBマニア3人による、トリプルクロスカウンターレビューの時間がやってまいりました。

 しかし、今回はちょっと勝手が違います。

 現在開催中の4年に1度の世界大会、WBC。この出場各国の横顔をマニアならではの視点でレビューしてもらうことにしました。いや、もう2次ラウンド終わっちゃったんですけどね。

 というわけで、お相手はいつもの御三方。

 カリフォルニア州在住、ロサンゼルス・エンジェルズの熱狂的なファンにして、メジャーリーグから1A、独立リーグまでと観戦のフィールドが凄まじく広いTomoさん。

 杉並区在住、フィラデルフィア・フィリーズファンにしてメジャーリーグ好事家。ミレッジ好きが高じてヤクルトファンになり、山田哲人を愛でてやまないTessyさん。

 そして広島県在住、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)と広島東洋カープを愛するベースボール住職のToyoさん。

 WBCも完全業界素人専門店。MLB好きが集まる立ち飲み屋の雑談感1200%でお送りするWBCレビュー。それでは2次ラウンドプールE編からまいりましょう。

イスラエル (2次ラウンド1勝2敗)

Tessy「まずは2次ラウンドで負けてしまいましたが、今大会で最も旋風を起こしたと言ってもいいイスラエルからいきましょう」

Tomo「世界ランキング41位。登録の28人中、27人がユダヤ系米国人というチームですね」

Tessy「秋に国際大会があったらユダヤ教の贖罪日ヨム・キッパーはどうするんでしょうね。サンディ・コーファックスはワールドシリーズですら欠場したわけですし」

Toyo「唯一イスラエル生まれのシュロモ・リペッツ投手は、かつてイスラエルリーグでプレーしたこともある選手。現在はニューヨークに住んで、マンハッタンでシティワイナリーという、ワイナリー兼ダイニングライブハウスで音楽ディレクターもやっとるらしい。出身はイスラエルのエルサレムじゃない方の首都、テルアビブ生まれのテルアビブ育ちじゃ」

Tessy「音楽ディレクターですか。謎ですね。俺はテルアビブ生まれのユダヤ教育ち、帽子に髭はやしている奴は大体トモダチ……みたいな感じなのでしょうか」

Tomo「アメリカはイスラエルの次にジューイッシュ(ユダヤ教徒)が多い国で、世界中に散らばってしまった彼らは文化的、宗教的にも結び付きが強い人たちです。WBCでルーツのある国のためにと集まったというのもうなずけますね」

Tessy「大会前にイスラエルの野球連盟を表敬訪問に訪れていましたが、全員イスラエルの土をはじめて踏んだらしいですね」

【次ページ】 六芒星のイスラエルに、五芒星の筒香が一撃。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
ウラディミール・バレンティン
WBC

ページトップ