サッカーの尻尾BACK NUMBER

バルサにいまも漂うPSG戦の余韻。
後任監督選びにも影響する継続路線。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/03/18 07:00

エンリケ監督と談笑するウンスエ(右)。バルセロナのエッセンスが、この男の頭にはみっちり詰まっている。

エンリケ監督と談笑するウンスエ(右)。バルセロナのエッセンスが、この男の頭にはみっちり詰まっている。

選手が変わらないなら、監督も……?

 これまでにも、故ティト・ビラノバがペップ・グアルディオラの後継としてアシスタントから監督に昇格したケースがある。さらに遡れば、クライフからレシャックという流れも同じだ。クラブが同じ選択をする可能性は十分にある。少なくともスムーズな移行になることは保障されている。

 来季のバルサのベースも変わらない。攻撃はMSNが中心。最終章を迎えつつあるがイニエスタも健在で、ブスケッツもいる。ウンティティという相方を見つけたピケに、存在感が増してきたテア・シュテーゲン。

 基軸が変わらないのであれば、継続路線を進んだ方がいい。だとしたら、適役はウンスエ以外にはいないだろう。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ

ページトップ