詳説日本野球研究BACK NUMBER

センバツ直前、注目校&選手紹介。
V候補筆頭は清宮・早実ではない? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/18 11:30

抽選会で少し緊張した面持ちの清宮。隣に座った日大三の主将・桜井とともに春の甲子園を沸かせる主役であることは確かだ。

抽選会で少し緊張した面持ちの清宮。隣に座った日大三の主将・桜井とともに春の甲子園を沸かせる主役であることは確かだ。

大阪桐蔭は2年生カルテットと山本ダンテ武蔵に注目。

 大阪桐蔭は近畿大会準々決勝、智弁学園戦を6対4で打ち勝った。中学時代に最速146キロのストレートを投げた根尾昂(2年)が4番ショートに座り、1番・藤原恭大、2番・宮崎仁斗、5番・中川卓也(いずれも2年)と、当時1年生が計4人スタメン出場していた。3年生では3番起用が想定される山本ダンテ武蔵が、秋の公式戦でチームトップの17打点を記録。注目選手の1人に挙げられている。

 一方で投手は、これがエースという人材が見当たらない。140km以上を計測する徳山壮磨に香川麗爾(ともに3年)、横川凱(2年)、そして根尾をどこでつなぐかのベンチワークが勝敗のカギを握りそうだ。

有力校以外にも注目選手がズラリとそろう。

 有力校以外の個人技にも注目してみよう。Bゾーンでは報徳学園の小園海斗(2年)が昨夏の兵庫大会2回戦で才木浩人(現阪神)から2打席連続でセンター前ヒットを放っている。好打とともに注目を集めたのが走塁で、打者走者としての一塁到達は計3打席で4.2秒未満。とくに第3、4打席は強烈な打球にも関わらず4.18秒、4.20秒で駆け抜けている。

 前橋育英の4番・飯島大夢(3年)はスケールの大きい右のスラッガータイプだ。旧チームからクリーンアップを任され、昨春の関東大会2回戦、青藍泰斗戦では今年のドラフト候補、石川翔の142キロ直球をレフトスタンドに放り込んでいる。チームメートの丸山和郁(3年)は昨秋の関東大会ではリリーフに徹して、15回を投げて被安打5、奪三振14、防御率0.00を記録した本格派左腕だ。

 同じBゾーンでは東海大市原望洋の右腕・金久保優斗(3年)が最速147kmのストレートとキレのいいスライダーを武器に、スカウトの注目を集めている。Cゾーンには昨春、昨夏の甲子園4強である秀岳館に旧チームでも活躍した木本凌雅、広部就平(ともに3年)が残っている。

【次ページ】 各ゾーン、8強の勝ち上がりをずばり予想すると……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
4/5ページ

ページトップ