マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2017年の高校野球はスラッガーの年。
明徳・西浦、秀岳館・木本、そして。

posted2017/03/17 07:30

 
2017年の高校野球はスラッガーの年。明徳・西浦、秀岳館・木本、そして。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年夏、嘉手納戦で満塁ホームランを放って叫ぶ明徳義塾の西浦颯大。馬淵監督が優勝を宣言するのは、よほどのことである。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2017年、今年の高校野球は「スラッガーの年」である。

 早稲田実業・清宮幸太郎がいるからではない。清宮幸太郎がいなくても、今年はスラッガーの年といえよう。

 このセンバツ出場組の履正社・安田尚憲、若林将平、智弁学園・太田英毅、福元悠真、早稲田実業・野村大樹だけではなく、惜しくも選を逃した選手たちの中にも、龍谷大平安・岡田悠希、常総学院・宮里豊汰、慶應・正木智也、横浜・万波中正などなど、全国クラスの迫力を有するスラッガーたちが腕を撫す。

 このセンバツだって、清宮幸太郎、安田尚憲、太田英毅だけじゃない。彼ら以外にも、超高校級の打棒を持ったスラッガーたちが、全国から甲子園に集合する。

明徳・馬淵監督が強気なのは西浦がいるから?

「春は全国を取りにいきますよ」

 昨秋からおおやけの場で、そう不気味な宣言を繰り返す馬淵史郎監督の明徳義塾。

 ベテラン監督がそれだけの手ごたえを得ている理由の1つが、「攻撃をつなげられる打線」だろう。その中でポイントゲッターになっているのが西浦颯大(はやと)外野手(3年・178cm70kg・右投左打)だ。

 すでに昨年のチームからいつもクリーンアップの一角をつとめる打の“中枢”であり、たとえば昨夏の甲子園でも、嘉手納(沖縄)との3回戦にバックスクリーンに叩き込んだ満塁弾など、打った瞬間「うわっ!」と声をあげたほどの圧倒的打球。それも、低目の決して甘い高さではなかった。

 スリムな打者。一見、シュアにシングルヒットを重ねる広角打法の好打者の印象だが、「えっ! その体格でそのスイング!」、見かけに似合わぬ猛烈なスイングスピードと打球のスピードに注目していただきたい。

【次ページ】 外野手だが、ショートでも夢見てしまう身体能力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
馬淵四郎
明徳義塾高校
西浦颯大
秀岳館高校
木本凌雅
盛岡大付属高校
植田拓
センバツ
甲子園

ページトップ