話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

千葉の特殊な守備を支える西野貴治。
元G大阪のエリートが楽しむ新環境。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/03/18 09:00

10代の頃にガンバのトップチームに昇格し、西野貴治は将来を嘱望されていた。ケガで遠回りしたとはいえまだ23歳、逆襲の準備は整った。

10代の頃にガンバのトップチームに昇格し、西野貴治は将来を嘱望されていた。ケガで遠回りしたとはいえまだ23歳、逆襲の準備は整った。

監督に言われた「相手を殺すつもりでいけ」。

 さらにセンターバックには重要な任務がある。

「センターバックは、絶対に前につぶしにいかないといけないんです。これは90分やりつづけないといけない。前に1回、しんどくなって止められなかった試合の後、監督にすごく怒られたんですよ。毎回、相手を殺すつもりでいけって。だからファールやイエロー覚悟で止めるようにしています」

 名古屋戦でも西野は、目前の選手にボールが入ったときは躊躇なく潰しにかかった。そのガツガツと当たりにいく姿は、ガンバ時代には見られなかったものだ。後半終了間際の42分には宮原和也をファールで止め、イエローカードをもらった。

「あれは、ちょっと遅れてしまって……。あの時間になるとほんまにキツくて、チームも自分の足も止まってくるんです。だから、コンディションを上げるというよりも90分間動ける体力をつけていかないといけない。夏になるともっとしんどいんで。そこを改善していければ、個人としてもチームとしてもしっかり守り切れると思います」

千葉が勝ち続ければ、対策を練られるが……。

 今後も千葉が勝ち続ければ当然、研究されることになる。相手は執拗に裏を狙いつづけたり、ロングボールを蹴るなどシンプルな攻撃をしてくるチームが出てくるだろう。3バックの体力が落ちたとみるやスピードのあるFWを投入することも十分に考えられる。名古屋のように繋いでくるチームであれば噛み合うが、引いてくるチームが相手の時はどうするのかもまだ見えていない。

 ただ、あらゆるタイプのチームに対してスタイルを押し通して勝ち続けられれば、選手はより自信を持ちチームの完成度が高まっていく。序盤でしっかり勝ち点を稼ぐことは、後半戦にも生きてくる。西野も今は「勝つこと」を最優先に考えている。

「まだ3試合ですけど、試合を重ねるごとに自分たちのサッカーができるっていう手応えを得ているし、チームの自信が増している。これってやっぱり勝っているからやと思うんです。開幕から連敗とかしてたら悪いイメージになっていたと思うんで。まだまだ良くなっていくと思うし、これからもしっかり勝ち切ってJ1昇格に貢献したい」

【次ページ】 かつてはエリート、今はがむしゃら。

BACK 1 2 3 4 NEXT
3/4ページ

ページトップ