“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

市船、Jリーグ、代表でもライバル。
杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。

posted2017/03/15 11:30

 
市船、Jリーグ、代表でもライバル。杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。<Number Web> photograph by Takahito Ando

U-20日本代表での原(左)と杉岡(右)。ライバルがいると、ひとりの練習でも手を抜けないので、慢心することもできなくなる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 今季、市立船橋から湘南ベルマーレに加入し、いきなり開幕スタメンフル出場を飾った。ホーム開幕戦となった第2節の群馬戦では、並み居る同期の高卒ルーキーの中で第1号となるプロ初ゴールを決めるというド派手なデビューを飾り、さらにはU-20日本代表候補にも選出されることとなった杉岡大暉(だいき)。

 ここまで順調過ぎる活躍ではあるが……彼の心の中には、高校時代の「強烈なライバル」の存在が残っていた。

高校時代に生まれた、杉岡大暉と原輝綺のライバル関係。

 名門・市立船橋で1年時から将来を嘱望された杉岡は、サッカー部監督である朝岡隆蔵の厳しい指導を受け順調に成長。高2になるとチームの守備の中心となり、Jリーグのスカウトたちからも高い注目を浴びるようにまでなっていた。

 だが高2のインターハイで、彼を取り巻く環境は激変する。

 兵庫県で開催されたインターハイにおいて、市立船橋は大躍進し、最終的にはPK戦の末、準優勝に終わった。

 この大会を通して、杉岡は守備の要として安定したプレーを見せ続けていた。

 1対1に強く、予測をベースにした守備はどこまでも堅い。左足のフィードも精度が高く、攻撃の起点にもなり、ドリブルによる果敢な攻撃参加も得意とし、良い形でボールをインターセプトしたら、迷わずドリブルで持ち上がって、FW顔負けのプレーをする。

 だが、安定したパフォーマンスの杉岡よりも評価を急激に高めた選手がいたのだ。

 それが市立船橋のボランチとしてこの大会に出場していた、原輝綺(てるき/現・新潟)だったのだ。

 2年時からレギュラーの座を掴んだ原は、抜群のポジショニングとボール奪取能力を誇り、躍進を続ける市立船橋において攻守のバランスを司り、「陰のMVP」と称されるほどの活躍を見せたのである。

 それ以降、杉岡に注がれていた視線は、徐々に原へと移っていくようになった。

【次ページ】 杉岡を見に来た人が、原に目を奪われる。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
市立船橋高校
杉岡大暉
原輝綺
湘南ベルマーレ
アルビレックス新潟
U-20サッカー日本代表
U-20W杯

ページトップ