話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

すべてを懸けた開幕、現実は連敗。
札幌、J1残留へもう訪れた正念場。

posted2017/03/11 07:00

 
すべてを懸けた開幕、現実は連敗。札幌、J1残留へもう訪れた正念場。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

まだ「2/34」が終わったのみ。新加入ながら主将を任される兵藤のもと、日本最北端のJクラブは反撃態勢を整える。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 開幕2連敗――。

 力のあるチームなら「まだこれからさ」と余裕を持っていられるかもしれない。しかし、J1残留が目標のコンサドーレ札幌にとっては、早くも今シーズンを占う最初のヤマを迎えそうだ。

 開幕戦の仙台戦は0-1のスコア以上の完敗だった。しかし、2節の横浜F・マリノス戦は前半、互角の戦いを見せた。選手間の距離が良く、相手守備陣の合間でボールを受けて内から外へ展開し、サイドで数的優位を作ってクロスという流れが出来ていた。 

 セットプレーから横山知伸のヘディングがポストに当たる場面があるなど、点が入る空気が感じられた。クロスとフィニッシュの精度やサイドから個々のアイデアを加えての攻撃はまだまだだが、チャンス、決定機自体は作れていたのだ。

 兵藤慎剛は、古巣相手に真っ向勝負ができている手応えを感じていたという。

「前半はうまく相手を引き込んでスペースのない中でボールを奪って、そこからいい攻撃につなぐことができました。押し込める時間帯もあったので、点が取れていれば理想的でしたけど、それでも0-0でいけたのは悪くなかったと思います」

バブンスキーのスーパーボレーで動揺してしまった。

 ところが後半2分、ダビド・バブンスキーにスーパーなボレーシュートを決められてしまった。前半をいい流れで終えた分だけ、後半にフワッと入ってしまったのだろう。失点後、札幌の選手からは動揺が明らかに見て取れた。今の札幌には2、3点を取る術がない。先制点を奪われると厳しくなるのは分かるが、まだ40分以上あるのになんとなく終わった雰囲気になっていた。

 深井一希は、失点の衝撃の大きさを肌で感じた。

「僕たちのゲームプランは1回、引いてから戦う感じなので、そこで失点してしまうと気持ち的に落ちてしまう。一歩、二歩と足が前に出なくなって、サポートが遅れてしまう。点を取りに前にいかないといけないので、そうなると今度はバランスが保てなくなってまとまりを欠いてしまう。その結果、3-0になってしまった感じです」

【次ページ】 「5-3-2」でもJ1で90分間守り切るのは至難の業。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
横山知伸
兵藤慎剛
深井一希
河合竜二
北海道コンサドーレ札幌

ページトップ