バルセロナの後任監督、ズバリ誰になる?

集計グラフを閉じる

 決勝トーナメント1回戦でチャンピオンズリーグ史上に残る逆転劇を演じたバルセロナ。そのチームを率いるのはルイス・エンリケ監督ですが、3月・・・続きを表示

●ホルヘ・サンパオリ
●ロナルド・クーマン
●ジョゼップ・グアルディオラ
●トーマス・トゥヘル
●エルネスト・バルベルデ
●ローラン・ブラン
●マウリシオ・ポチェッティーノ
●アーセン・ベンゲル
●フランク・デブール
●その他

1-9件を表示 / 全9

すべて| サンパオリ| クーマン| グアルディオラ| トゥヘル| バルベルデ| ブラン| ポチェッティーノ| ベンゲル| デブール| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • この中でバルサが一番欲しがりそうなのはサンパオリだが、1年でセビージャを離れる事は無いであろう。

    ポチェティーノも昨年、スパーズと2021年迄契約を延長した事から、スパーズを離れる気は無さそう。

    グァルディオラは、バルサに戻ってくる気は無いような気がする。

    最近、株が暴落しているベンゲル、実績らしい実績が皆無のフランク・デ・ブールとトゥヘルは論外。

    となると、残るはクラブOBのバルベルデ、ブラン、クーマンとなるが、最もリーガで実績をあげており、今シーズン末でアスレティックと契約切れとなるバルベルデが有力、と思われる。

    ちょくさん2017/03/09 20:50に投稿

    1
    そう思う!
  • シャビ
    ジダンを見ていると、やはりチームのトレンドというか選手のリスペクトを勝ち取れる人物が成功していると思う。
    睨みが効くことこそ、監督の絶対条件だと思う。
    少々冒険的ではあるが、シャビに任せてみてはどうだろう。
    実績もあるし、監督としての能力も期待できるものがある。
    ソシエも納得してくれるのではないだろうか。

    たかっぴさん2017/03/10 09:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 現実的に考えてシティで最後と言ってるグアルディオラはない。
    サンパオリもセビージャで3強の一角に入ってきたのに投げ出すとは思えない。勝って当たり前のチームを指揮するのは大変。ポチェッティーノの同じです。バルベルデもビルバオから離れるとは想像できない。
    消去法でクーマンかデブールだと思います。
    ただレアルと違い中盤の選手の世代交代ができてないので徐々に弱くなるのではないかな。

    ファルコンさん2017/03/10 18:30に投稿

    1
    そう思う!
  • バルサの監督はバルサイズムを体現する為の哲学を持っている事が条件だと思います。かつてバルサでプレーした事がなくても哲学さえ持っていれば資格があると考えればビエルサのような戦術マニアタイプで尚且つ“魅せる”サッカーを信奉するタイプがベストでしょう。
    そう考えると、候補の中ではサンパオリかと思います。他候補はやりたがっていないペップや疲れ果てたベンゲルは当然外しになります。ブランやボチェティーノは哲学が違うと思います。

    ストリーマーさん2017/03/12 09:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 出来ればプジョル。

    ルイス・エンリケ監督のような、闘志と実績が両方あるタイプじゃないとスター軍団を率いていくのには厳しいと思う。
    時には、メッシですら途中で引っ込めたりベンチスタートにできる監督はプジョル以外考えられない。
    他の監督もできるけど、ソレでメッシを黙らせることができるかどうかは別問題。
    メッシも30歳。プレースタイルやポジション。役割の変更を告げることが出来、納得させる。又はグアルディオラ監督がロナウジーニョを切った様に時には厳しい判断もでき、ソレをサポーターも納得できるのはプジョル以外考えられない。

    daimatuさん2017/03/13 09:11に投稿

    1
    そう思う!
  • サンパオリかバルデルデの2択になると思いますが、バルセロナのようなビッグクラブでは監督としての資質・実績・ネームバリューが全て揃わないと選手を掌握できないと思います。そう考えるとサンパオリしかいないのではないでしょうか。セビージャから強奪するのは結構大変でしょうが。

    Mr.Pさん2017/03/09 21:11に投稿

    0
    そう思う!
  • コクーかジオ。

    デブールは直近の失脚で自身を失ってそうですし、クーマンは今でこそ立ち直ってますがスペインでは散々な過去になっているので触手は伸びないでしょう。
    他は席が埋まっている方もいますので、バルサを知り、監督としての実績もある人選で行くとコクーかジオが面白いかなぁっと。

    K4NUさん2017/03/13 12:39に投稿

    0
    そう思う!
  • プジョル

    クラブの哲学が何よりも重視される方針は変わらないだろうが、エンリケも最初はしっくりこなかったように、エース・メッシとの関係がどうかというのは、チームを安定させる意味で重要だろう。メッシを抑えれば、他の選手も同じ方向を向くのではないか?

    MSNの強烈なキャラは今後も必要で、決して選手に迎合するわけではないが、彼らが精神的に落ち着き気持ちよくプレー出来る環境を作ることは、クラブが進めたい方向性を浸透させる点でも大事だと思う。

    …その点でいくと、エースが信頼を置ける存在…その人となりを良く知る存在…耳を傾ける存在…カンテラでの指導歴があればなお良いのだが、プジョルあたりはどうかと。

    けんぼーパパさん2017/03/14 15:08に投稿

    0
    そう思う!
  • 単純にバルサが一番欲しがりそうなのが、このサンパオリだ。

    セビージャをスペイン三強に迫るクラブへと成長させ、評価もグングン上がっている。ファンを魅了するサッカーができる、数少ない監督だ。

    サンパオリは、ルイス・エンリケに欠けていた戦術面での引き出しを多く持ち、バルサの代名詞とも言えたポゼッションを信仰する監督である。バルサでのプレー・指導経験はないものの、特殊なバルサのパスサッカーを復活させることができるはずだ。

    この、戦術家としての手腕や、志向するスタイルの一致などが、私がサンパオリを後任に推す理由だ。

    ただ実際は、ここまで育て上げたセビージャを1年で去って、バルサの監督に就任するというシナリオは考えづらい。

    しかし、バルサが望む人材であることは間違いなく、サンパオリもバルサの監督になるというのは、かなりの魅力だと思うだろう。

    フェルナンドさん2017/03/16 01:06に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ