話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

中3日でガンバの3バックが突然進化。
“サッカーの神”が降りた遠藤保仁。

posted2017/03/07 11:00

 
開幕当初は運動量を心配された遠藤保仁だったが、柏戦では圧倒的な存在感を発揮した。それもフィジカル面で、というのが凄いところだ。

開幕当初は運動量を心配された遠藤保仁だったが、柏戦では圧倒的な存在感を発揮した。それもフィジカル面で、というのが凄いところだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

「うちの対応力すごいと思います」

 柏レイソルに3-1で勝利した後、今野泰幸は満面の笑みをみせて、そう言った。

 1日、ACL1次リーグでガンバ大阪は済州に1-4で敗れた。この試合はJリーグ開幕戦から中2日だったが、長谷川健太監督は4バックと3バックの併用こそが今シーズン、タイトル獲得のポイントになると考えて3バックを採用した。

 ところがその3バックは、練習でもほとんど試したことがなかったという。しかも済州は前からの圧力が強い。Jリーグの相手ならまだしも、国際試合でぶっつけ本番になる。多くの選手は不安を抱えていた。そして、それが現実のものになったのである。

両サイドを押し込まれ、前線が完全に孤立。

 守備になると押し込まれて5バックになり、全体のポジションがかなり低くなってしまった。そのため、我慢してボールを奪っても、今度はなかなか前にボールを運べない。中盤の枚数が相手よりも少ないので、ボールを持っても早々に潰され、遠藤保仁はやりづらそうだった。頼みのアデミウソンは前線で孤立無援状態。得意のカウンターも不発だった。

 またクサビが入った時、潰しにいくべきか、スペースを空けないように自重して待つべきか、その判断が中途半端になっていた。その結果、相手FWにボールをキープされ、つねに後手を踏み、相手の攻撃のリズムで試合が流れていった。もちろん単純にボールを奪い合うシーンなど局地戦でも負けていた。

 それが1-4という大敗を招いてしまった。

「球際で負けていたし、守備も強くいけていなかった。攻撃の回数も少なかった。悔しさしか残らなかったし、情けないという気持ちでいっぱいだった」

 今野はそう述べたが、おそらくそれは選手全員が感じたことでもあろう。

 3バックが機能せずにボコボコにやられた形だが、それは逆に、3バックの定着に効果を発揮した。済州に負けた後、現状に危機感を覚えた選手たちが、積極的に3バックに取り組むことができたからだ。

【次ページ】 3バックに見えて、実は3バックではない?

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ