Sports Graphic NumberBACK NUMBER

陣内智則、J:COM MOBILEでプロ野球三昧宣言。

posted2017/03/29 10:30

 
陣内智則、J:COM MOBILEでプロ野球三昧宣言。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

 まずはJ:COM MOBILEを手にした陣内智則さん。「J:COMオンデマンド」アプリを起動させて、画像が映ると、その画像にびっくり。

「めっちゃ、きれいですね。こんなきれいな画面で楽しめるなんて、想像以上です」

J:COM MOBILEなら「J:COMオンデマンド」アプリ視聴時のデータ通信量がカウントされないから、外出先での野球観戦に最適。

 兵庫県加古川市生まれの陣内さんは、子どもの頃からの根っからの阪神ファンだ。1985年、阪神が優勝したときは小学校6年生、11歳のときだった。

「よく覚えていますよ。10月16日の神宮球場。先発はゲイル。2点差の9回表、掛布さんのホームランで1点差に詰め寄って、そこからはもう押せ、押せムード。興奮しながら、テレビ観戦していました。あのときの阪神は、めっちゃ、強かったですね。西武を倒して、日本一にもなったし」

 そのときの感動が忘れられないのだという。あの興奮を何度でも味わいたい。

「だから、毎年、沖縄のキャンプも見に行くし、シーズンが始まってからは、阪神が生活の一部になるんです。今日は勝っているやろかって、試合が気になって仕方がない。でも、この業界、ナイターの試合と仕事が重なることが多くて、なかなか見られないんです。スケジュールが空いて、阪神が東京に来ているときには、神宮だったり、東京ドームだったり、行けるときは観に行くようにしているのですが」

 テレビ局の楽屋や車での移動中など、これまでは、インターネットの「一球速報」で試合を追っていた。でも、それだと物足りないという。

「たとえば、チャンスでセンターフライに倒れたときもどんな打球やったかわからないでしょ。いい当たりで、フェンスぎりぎりだったのか、それとも単なる凡フライやったのか。ピッチャーがどんなボールを投げているのか、一球速報だけではよくわからないやないですか。でも、この『J:COM オンデマンド』アプリなら、いつでもどこでも野球中継が楽しめる。これだけ画面がきれいやったら、ストレスなく楽しめますね。すっごく助かりますわ」

 しかも、J:COM MOBILEで「J:COMオンデマンド」アプリを使う場合は、データ通信量カウントなしで見放題! というから、陣内さんのような野球ファンにはたまらない。

「野球ファンはやっぱり映像が見たいもの。一挙手一投足が気になるんです。それに、スタジアムに持っていって、野球観戦しながら、スマホの中継画面でそのときの選手の表情を追ってみてもええですよね。野球観戦がさらに楽しめます」

 最後に、今年の阪神の抱負を聞くと、

「知ってます? こんな法則あるの。じつは星野監督も、岡田監督も1年目は4位で、2年目は優勝しているんです。就任1年目の金本監督も4位。ということは……(笑)。去年は夏場で優勝の可能性がなくなって、CS出場権争いこそシーズン終盤まで続きましたが、やっぱり優勝争いをしてもらわないと、面白くないですよね。個人的には、鳥谷選手に頑張ってもらいたいです。最近は、若手の北条選手が台頭していますが、ベテランにもうひと踏ん張りしてもらわんと。鳥谷選手はすごくストイックで、好きな選手なんです。頑張れよ、阪神、しっかり応援してまっせ!」

「あっ、それから『J:COMオンデマンド』アプリを使うと、ゴルフネットワークも観られるんですか? 僕、ゴルフも大好きで、一時期はハンデ80台までいったんですよ。それが、最近、100を切れないことが多くて……。時間があるときは、ゴルフ中継やレッスン番組を見ながら、研究に余念がないんです。その意味でも、このJ:COM MOBILEは助かるなあ」

 時間と場所を気にせず、スポーツ中継が楽しめるJ:COM MOBILEを陣内さんもすっかりお気に入りのようだ。

陣内智則

陣内智則Tomonori Jinnai

1974年2月22日、兵庫県生まれ。小・中学時代は野球部で内野手。1人映像ネタで売り出し、さまざまな番組やイベントで司会などで活躍。今年から「J:COMテレビ」の新番組『集合!日本全国スターペット!』のMCを務める。

プロ野球ファンに新提案。
J:COM MOBILEでデータ通信量を気にせず野球観戦!

J:COMではスマホでも生中継! 熱い試合をタイムリーに観戦!!

しかも、J:COM MOBILEで、プロ野球のライブ配信を行う「J:COMオンデマンド」アプリを使用する場合は、データ通信にカウントされないから、何試合でも何時間でも通信量を気にせずプロ野球観戦を楽しめます。しかも、月々980円から!*1

プロ野球ファンの皆さん、J:COM MOBILEをこの機会に是非!

*1 「J:COM MOBILE スマホセットLite」ご契約の場合。別途ユニバーサルサービス料およびSMS通信料などが必要です。詳しくはJ:COMホームページをご確認ください。

※地デジ・BSデジタル放送含む。放送予定は予告なく変更となる場合や、一部地域では録画放送となる場合があります。

※スマートフォンでのライブ配信は、各チャンネルで放送する主催公式戦のみとなります。阪神タイガース、中日ドラゴンズは、一部の試合を除きご視聴いただけます。広島東洋カープは、一部の試合のみご視聴いただけます。※J:COMのテレビサービス(「J:COM TV スタンダード」月額5,280円(税抜)ほか)へのご加入が必要です。

※ネットワーク混雑回避のため、当日を含まない直近3日間に6GB以上ご利用の場合、通信速度を終日制限させていただく場合があります。

※J:COMサービスのお申し込みは、J:COMエリアにお住まいの方に限ります。なおJ:COMエリア内であっても、ご住所や建物によってはご利用いただけない場合があります。

J:COM MOBILEの詳しい情報はJ:COMホームページにて。
http://www.jcom.co.jp/service/mobile/

撮影協力:魚魚魚(うお・みっつ)麹町店 東京都千代田区麹町3-5-19 衣裳協力:DA-NA vie

関連コラム

関連キーワード
阪神タイガース
鳥谷敬
プロ野球開幕

ページトップ