今日も世界は走っているBACK NUMBER

超高速コースにホスト店長が挑戦!?
金哲彦、初めて東京マラソンを走る。

posted2017/03/01 11:30

 
超高速コースにホスト店長が挑戦!?金哲彦、初めて東京マラソンを走る。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「今回は4時間30分ぐらいかけてゆっくりと楽しみます」と話した通り、途中でマイクパフォーマンスに参加するなど、東京マラソンを満喫した。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 紙吹雪舞う都庁前のお立ち台に、笑顔で手を振る小池百合子知事。

 3万6千分の1の僕も、フィニッシュ目指して歩を進めた。

 東京マラソンは創設の第1回から関わっているが、1~10回大会まですべて中継解説者として関わってきたので、実際に走ったことはなかった。

 だが、今回のレースは、チャリティランナー枠に自らインターネットでエントリー。初めてランナーとして参加した。

1キロ地点の歌舞伎町で「ボス、頑張れ!」の声援が。

 3分程度のロスタイムでスタートラインを越えた。9時15分くらいだろうか、1キロ地点にある歓楽街の歌舞伎町に到達。切れ間なく続く大声援の中に、明け方まで飲んでいた酔客も混じっていた。

「ボス、頑張れ!!」

 歌舞伎町界隈の大声援から、ホストと思われる集団がいた。マラソン経験者には分かるだろう、走っているランナーから沿道の声や姿は案外はっきりと分かる。逆に、沿道から知り合いのランナーを見つけるのは、よほど派手なウェアでない限り難しいのがマラソン大会。

 ホストたちは、ついさっきまで仕事をしていたような派手ないでたちだ。偶然通りかかり、酔った勢いで応援しているのか? または、ホストクラブの店長がフルマラソンにチャレンジしているか?

 走りながら、昨晩シャンパンタワーで大騒ぎした彼らの姿が脳裏に浮かぶ……。

【次ページ】 ゴールが東京駅前で、帰り道がものすごく楽に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
金哲彦
東京マラソン

ページトップ