メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

上原浩治は淡々、川崎宗則は饒舌。
世界一を目指す異色のチームメイト。

posted2017/02/28 08:00

 
108年ぶりのカブス世界一の瞬間に立ち会った川崎。今季は上原とともに連覇に挑戦する。

108年ぶりのカブス世界一の瞬間に立ち会った川崎。今季は上原とともに連覇に挑戦する。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 頑張る。自分の考えや意志をどこまでも通そうとする。

「我(が)を張る」。カブスの上原浩治と川崎宗則の2人は今、そういう気持ちを漲らせている。

 上原は1年600万ドル(1ドル110円なら6億6000万円)の単年契約が決まった時、自身のブログで「他球団からもお誘いをいただきましたが、やっぱり自分の中では優勝に近いチームでやりたかったっていうのが一番ですね」と綴っている(http://www.koji-uehara.net/2016/12/16/1803.html)。

 野手組に先立って今月15日にキャンプインした上原は、「新しいユニフォームを着たからという気持ちは正直、ないです」と言いながら、新しいチームメイトの気持ちを代弁するかのように言葉を続けた。

原点に戻って、昔の選手のように走り込んで。

「ワールドシリーズに勝った喜びはやった人にしか分からない。皆、そういう思いをもう一度と思ってやっている」

 終わったことは終わったこと。そういう彼のスタンスはシーズン中と同じだ。自分にできるのは最善の準備を尽くすことだけ。そこに悔いは残さない。

 いい結果が残ることを信じて、ただ「頑張る」のみだ。

「自主トレは今まで以上にちょっとキツイのをやってきましたから。もう一回、原点に戻ろうと走り込み中心にやってきました。昔の選手は走り込んで体を作ってきていましたから、あれぐらい体強くなりたいんで」

【次ページ】 川崎はいつも通り、目立ちすぎるほど目立っていた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ